30代の妊活はエクササイズで、骨盤の位置を整える


妊娠をするためには下半身の体温を上げて、子宮の機能を活性化する必要があります。

不妊の大きな原因の一つに冷えによる子宮、卵巣の機能の低下があります。

フラダンスや、タヒチアンダンス、ベリーダンスは古代より続く、子宝に恵まれるための生殖機能アップのためのダンスです。

腰を大きく動かすことで体内の血流を活性化させ、妊娠しやすい体質になります

骨盤を動かし、血流をよくするためのエクササイズをご紹介します。

スポンサーリンク


30代女性が妊娠しにくい原因

妊娠、出産に必要な筋肉である、骨盤底筋の力が弱っている

骨盤底筋群は、骨盤の底で子宮や膀胱、膣、肛門などを支えている女性にとってとても重要な筋肉です。

生理や、出産、産後の尿漏れなど女性には一生関係のある筋肉群です。

現代の女性はオフィスワークや椅子に座る生活が中心なので骨盤が後傾して、骨盤底筋が緩んでいてお腹に力が入っていない人がとても多いです。

 

一方、昔の人は畑作業、床の雑巾がけ、和式便所などでしゃがむ姿勢が多かったため普段から骨盤底筋が発達していました。

食べ物も、甘いものや添加物などが少ない食事をしていたので体が冷えにくく、妊娠しやすく、安産になりやすい身体でした。

 

昔の人は生理の時もナプキンを使わず、トイレで経血を排出していたため、生理痛もありませんでした。

経血を止めるときに自然と骨盤底筋のトレーニングをしていたのです。

 

骨盤底筋が発達すると骨盤の歪みが治り、正しい位置に戻ります。

子宮や卵巣への血流がよくなり、妊娠しやすい体になるのです。

ホルモンバランスも整い、生理痛やPMSも無くなります。

 

関連記事

生理痛を和らげる月経血コントロールってなに?

 

 

 

身体が冷えていて、妊娠しにくい体になっている

スポンサーリンク


甘いものが好きな人、運動の習慣がない人、これらの人は体が冷えている可能性が高く、不妊の傾向がある人です。

運動の習慣がないと、骨盤周りを動かさないので血流も悪くなり、骨盤の可動域が狭くなることでリンパの流れも悪くなります。

 

身体、特に下半身が冷えると、子宮や卵巣などの妊娠に必要な機関に血液が回りにくくなってしまいます。

すると子宮や卵巣の血行が悪くなり妊娠しにくい体質になってしまいます。

 

特に女性は男性に比べて下半身の血行が悪く冷えやすい傾向にあります。

体の総筋肉量が少なく、特に太ももの筋肉は大きな面積を占めているので太ももの筋肉が足りないと下半身の血流が悪くなってしまうのです。

 

関連記事

冷え性を改善して、免疫力をアップする方法6つ!

 

スマホ、PCの使いすぎで自律神経の働きが乱れている

 

現代の生活では、スマホやPCは欠かせませんが、PCやスマホから出るブルーライトは自律神経が乱れる原因となります。

加えて目の使いすぎは骨盤を固く締めてしまい、妊娠しにくい体にしてしまいます。

 

妊娠しやすいときは体がリラックスしているときです。

リラックスするためには副交感神経が優位になっている必要があります。

生活のリズムが乱れたり、疲れたりすると、交感神経が優位になりいつも体が戦闘体制になってしまい妊娠しにくくなってしまいます。

忙しい人は上手にリラックスする習慣をつけ、自律神経のバランスを整えましょう。

 

骨盤底筋の筋肉をつけ妊娠しやすくするためのエクササイズ

 

 

 

 

骨盤底筋を鍛えるエクササイズ ①

1、腹筋縮めて、思い切り骨盤を前傾させる。

息を吐きながら10秒そのままのポーズで待つ

 

2、今度は1と逆の動きをします。

お尻の穴を思い切り締めながらおへそを天井に向けるようにしてあげていきます。

息を吐きながら15秒そのままの体勢を維持します。

 

1、2セットで10回X3セットを①日でやってください。

 

 

骨盤底筋を鍛えるエクササイズ② 骨盤回し

 

足を肩幅に開き、腰を落とします。

床と平行になるように回します。

右回り、左回り30回ずつX3セットを1日にやってください。

 

もっと運動量を増やして早く体質改善したい方はこちらのエクササイズもどうぞ!

・フラダンス、タヒチアンダンスの動きの中で特に妊活に良い動きはこれ!

 

 

まとめ

・骨盤底筋を鍛えると血行が良くなり妊娠力がアップする

・冷えは不妊の元。妊娠体質になりたいなら、甘いものをなるべく減らす、運動をするPC、スマホを使いすぎないのが大事!

焦るのもストレスの元です。ゆったりした気持ちで取り組みましょう!

 

関連記事

・40代までの妊活成功のためにできることは? 初産は?2人目は?

スポンサーリンク


石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA