フラダンサー、タヒチアンダンサーが舞台で自然な笑顔になる方法は?


ALOHA!

フラでも、タヒチアンでも現地のダンサーは自然な笑顔が素敵ですね。

日本人は自然な笑顔が苦手だと言われています。

その理由は、歯を見せる笑顔が苦手、大げさな表情が苦手なことなどがあります。

 

これらは日本文化に基づいたアイデンティティなのですが、

フラ、タヒチアンを踊るときは自然な笑顔で踊った方が絶対に素敵です。

自然な笑顔は練習すれば誰にでもできます。

自然で、魅力的なスマイルの練習をしていきましょう!

スポンサーリンク



フラ、タヒチアンダンスは基本的に笑顔で踊る

 

フラソング、タヒチアンソングにはには自然の美しさを歌ったものや、神や王を讃えたもの、家族や恋人への愛を歌ったもの、亡くなった家族の思い出を歌った歌、失恋の歌……など様々な内容の曲があります。

基本的には悲しい曲も笑顔で踊ります。

悲しいときは悲しい笑顔で踊ります。

嬉しい、楽しい、愛している、悲しい、ほとんど全ての感情を笑顔に乗せて踊ります。

 

眉をひそめたり、目で訴えたり感情を思い切り表現します。

その時も口元はスマイルをキープします。

 

では、様々な感情を笑顔のままで表すためにはどうすれば良いでしょう?

 

フラ、タヒチアンはメレ(歌の内容)を手話で表すダンスなので、

歌の内容をよく理解し、表情、ハンドモーション、腰の動きなどで200%表現することです。

(フラは手の動きで感情を表現し、タヒチアンは腰の動きで表現する、と言われます。

 

まずはメレの内容を理解することは基本だし、大前提です、

メレの内容にふさわしい笑顔で踊りましょう。

 

フラ、タヒチアンダンスの笑顔のポイント1、女優になったつもりで自然な笑顔を作る

 

 

まずはメレの内容を理解することは基本だし、大前提です、

メレの内容にふさわしい笑顔で踊りましょう。

 

フラや、タヒチアンダンスを始めたばかりの方は

笑顔になっているつもりでも自然な笑顔になっていないことがあります。

動画を撮って、自分の笑顔を確認してみましょう。

精一杯笑っているつもりでも、口角が下がっていたり

顔がこわばっている方も多いです。

 

「自分は女優である」となりきって、

気品のある笑顔、可愛らしい笑顔、愛らしい笑顔、女神のような神々しい笑顔

など、いろいろな笑顔ができるように

日頃から練習していきましょう。

スポンサーリンク



フラ、タヒチアンの笑顔のポイント2、 歯を見せる、口角を上げる

 

歯を見せて、さらに口角を上げるととても幸せそうな笑顔になります。

口の端の口角を上げて、頬の筋肉を丸く、大きく持ち上げるように意識します。

 

日頃から口角を上げていることを意識することで

自然な笑顔が定着します。

リフトアップにもなり、アンチエイジング、若見えにもなり

一石二鳥です。

 

 

フラ、タヒチアンダンスの笑顔のポイント3笑顔と目線のW使いで、表情で歌の意味を伝える

 

舞台では観客に歌の内容や、想いを伝えることが非常に重要です。

フラ、タヒチアンダンスの初心者の方は

ステージに立った時に恥ずかしかったり、緊張したりして

目線を外してしまうことがあります。

 

しかし目線を外してしまうと目力がなくなり、

メレの内容や、それを表現する自分の思いなどが伝わりにくくなります。

 

実力のあるダンサー、女優、モデルなどは例外なく目力が非常に強いです。

目線をそらさず相手を曲に引き込む練習をしましょう。

 

その時に、観客の一人一人に気を配るという方法もあるし、

観客のたった一人に集中して届ける、という方法もあります。

 

私はステージの大きさ、雰囲気、その時の客層などで使い分けています。

いろいろなステージの経験を積み、

目力と表情で観客をで引き込めるようになりましょう。

 

フラ、タヒチアンダンスの笑顔のポイント4いろいろな表情を作るために普段から五感を磨く

現代では、五感を感じることが少なくなってきているので

意識して五感を使うことが必要です。

 

花の香り、海の風、揺れる木々、波の感触、雪の冷たさ、霧雨の感触。。。

この中のいくつぐらいを日常的に感じていますか?

 

現代は、スマホやPC,タブレットの出現で、

いろいろなことを瞬時にして知れるようになりましたが、

その実、スマホなどを使うときは五感を使っていないことにお気づきでしょうか?

 

ハワイの海、タヒチの海、風景を動画で見たとしても

そこには、匂い、空気、音、などが存在しません。

 

デジタルで見たり聞いたりする、映像や音と

実際に見るもの、実際に聞く音、体験することは

天と地ほど違います。

 

デジタルはドットで平面的、現実の現象とは波動が全く違います。

 

毎日の生活の中でできるだけ、花を愛で、匂いを嗅ぎ、うっとりとすること、

風の動きを肌で感じること、

霧雨と、普通の雨の降りかたの違い、

大きな波、さざ波、巻波などの違い

木々が風で葉を揺らすところなどを

実際に体験して、踊りの中で表現しましょう。

 

体験したことがないことは表現できません。

是非とも、自然を体験し、奥行きのある踊りを踊れるように日々チャレンジしてゆきましょう。

 

まとめ

・フラ、タヒチアンは基本的どんな曲も笑顔で踊る。

・メレの内容をよく理解して、踊りで表現する。

・いろいろな種類の笑顔をできるようになる。

・視線と目力を使い、観客に伝える。

・五感を普段から磨く。

 

関連記事

→フラダンス, タヒチアンの表現力をあげる、目線の動かし方

→フラダンス、タヒチアンダンスが上達するには?人に見せるためのダンスで必要な2つのこと

→【まとめ】タヒチアンダンス初心者が上達するコツ まとめ

→【まとめ記事】初心者がフラダンスを上達するコツ  7記事

 

 

 

スポンサーリンク


石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


夏に聞きたい,オススメのハワイアン音楽は?


夏です!

家で、車で、海で、キャンプで!

ハワイアンを聴きたくなった時のプレイリストを作りました。

 

ウクレレの音、スラッキーギター、ファルセットボイスなど、

まったりハワイアンで、夏こそハワイ気分をお楽しみください!

 

スポンサーリンク


 

夏に聴きたい!オススメハワイアンプレイリスト

 

Makana   マカナ

 

 

スラッキーギタープレイヤーとして、ハワイの伝統にも気を配りながら

今のハワイの空気を伝える現代ハワイ音楽のプリンスです。

 

気持ちよい、独特の声でハワイの空気を伝えるライブ映像をご紹介します。

カッコイイ!

の一言に尽きます。

 

 

Jack Johnson  ジャック・ジョンソン

 

ノース・ショアのプロサーファーとしても有名なジャックジョンソン。

リラックスした音楽が彼の音楽の一番の魅力です。

チルアウトしたいときにぴったりだと思います。

 

サーフィンの後にも、もちろんオススメです!

とてもALOHAな時間を過ごせること間違いなしです。

 

Jake Shimabukuro  ジェイク・シマブクロ

 

ジェイクは、映画「フラガール」のサウンドトラックに参加したこともあって、

日本でもとても有名なウクレレプレイヤーです。

ウクレレの早弾きが神業!なんですが、

ハワイアンにはこだわらず、ロックやポップスを弾いてもかっこいいところが

もう!!たまらないです。

 

夕方にでもビールやアルコールでまったりするときにオススメです!

「 Over the Rainbow」のようなスタンダードも素敵です。

 

スポンサーリンク


Raiatea Helm   ライアテア・ヘルム

 

 

美人で、美しいファルセットヴォイスで、ウクレレも上手い、キュートなライアテア。

トラディショナルなハワイアンがほとんどなので

まったり聴くも良し、

フラを踊るのも良しです。

 

フラの有名な曲もたくさん歌っていますよ。

 Hapa  ハパ 

 

ネイティヴ・ハワイアンのケリイ・カネアリイと、

アメリカ本土出身のバリー・フラナガンが出会って生まれたチームがHAPAです。

(ハパとはハワイ英語でハーフを意味します)

 

ハワイアンの伝統からは外れてないのに

アレンジがめちゃめちゃかっこいい!

 

「Ka ulwehi o ke kai」や、

「Kaimana Hila」

などのトラディショナルもとてもカッコ良いアレンジがされているので、

フラを踊るときにもとてもオススメです!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

雄大な自然や、神様のことを

シンプルなメロディーと、ゆったりとしたリズムに乗せて歌うハワイアン。

日本人の心にも、離れているのにしっくりと響きます。

 

心を解き放ち、

リラックスして、聞いたり、踊ったりしてくださいね!

 

Have a nice & sweet time,

 

Aloha & Mahalo!

 

関連記事

→フラダンスの種類、カヒコとはどんなダンス?

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


夏フェスでの女子の服装、持ち物は?


夏フェスの季節ですね!

初めての夏フェスだとどんな服装をしていくのか、

何を持っていけば良いのかわかりにくいですね。

楽しくフェスを過ごすために、何を持っていけば良いのかご紹介します。

 

スポンサーリンク


フェスの服装 女子編

フェスの服装といって、私が押しているのは海外セレブのフェスルックといったような、

自由で、カラフルで、女らしいスタイルです。

 

Tシャツ、スパッツ、ショーパンといった山ガール的なスタイルよりは、

どちらかと言えば、海フェスみたいな開放感のあるスタイルを紹介しています。

 

動きやすい服

 

 

踊りに行くので動きやすさは大前提です。

どんなフェスに行くのかで着ている人の服装のテイストが違うので

一言では言えないのですが

私は行くのなら目立ちたい!

夏らしい服装を楽しみたい!

と思うので割と明るい服のトップスやミニワンピなどを着ます。

 

日本のフェスでは天候が悪くなる可能性が大いににあるので、

ロングワンピ、ロングスカート、長めのパンツなどは避けたほうがいいかもしれません。

スカートが履きたければ、ミニか、膝下ぐらいがいいと思います。

 

どうしてもロングワンピを着るときは吸湿性の良いものをチョイスしたり、

ベルトなどで長さを調節して汚れないようにすることをお勧めします。

 

 

 

 

王道のタイダイ、夏らしいです。

やはりレインボーカラーやタイダイが気分が上がります。

 

ベルトなどでウエスト辺りでブラウジングすると丈が調整できます。

 

スポンサーリンク

</ins

防水の羽織もの

 

 

汗を掻く、雨が降るかもしれない、

など、夏フェスは天候や気温の差が激しいです。

 

夏フェスは乾きやすいもの、通気性の良いもの、防水のものをメインにするといいでしょう。

素材でいうと、ユニクロのドライ素材や、スポーツ素材、トレーニングウエアで使われているような

吸水、発汗性の高い素材が良いでしょう。

 

登山用によく使われているゴアテックスは防水かつ水分は放出してくれるので

夏の雨でも蒸れにくいです。

 

完全に雨とわかって入れば、

いっそ、ポンチョやカッパと長靴にしてしまうのも良いと思います。

 

 

可愛い色だとフェスでも目立ちます。

 

 

カーキや、黒などのベーシックカラーだとフェスだけでなく普段使いにも活躍しますね!

 

 

ポンチョも可愛い色のものをゲット!

 

 

防水のシューズか長靴

 

シューズは防水が必須です!

それか泥だらけ必須で裸足になるのも、覚悟があればありです!

 

The North Face、KEEN, Patagonia などのアウトドアメーカーのトレッキング用のシューズ、

またはハンターなどの長靴+ショーパンやミニスカなどのコーデも海外セレブ風でお勧めです。

ハンターは他にもピンクや赤など女子が好きなカラーがありますよ。

 

KEENのはき心地は、山でこそ発揮されます。


ハンターの長靴はオシャレで機能的です。

 

 

 

リュック、バックパック

 

リュック、バックパックは好きなもので良い、

と思います。

荷物の量に応じて。

 

できれば防水が望ましいですが、

防水スプレーをかけることで普通のリュックも

軽い雨なら大丈夫です。

(大雨だと防水スプレーだけでは防ぎきれずしみてきてしまいます。

カバーや、ビニール袋などに入れておきましょう)

洋服や、バックパック、靴などにかけると防水効果があります。

 

 

タイダイX 麻の葉がフェスらしい!

まとめ

フェスに行く時の洋服は、

軽いもの、防水のもの、通気性の良いもの、などが良い。

 

足は長靴、防水のトレッキングシューズなど。

 

私は汚れたり、濡れたりしても着替えを持っていって思い切り楽しむ派です。

 

皆さんも平成最後の夏フェス、楽しんでくださいね!!!!

 

フェス中は楽しいのでうっかりしていると日焼けしてしまいます。

事前の予防を忘れないようにしましょう!

→肌の老化防止には日焼け止めが必須!オーガニック日焼け止めのオススメは?

 

スポンサーリンク



 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


フラダンス、タヒチアンダンス上達のための、股関節トレーニング


フラ、タヒチアンダンスを始められて、

「腰が思うように動かない」

「腰の動きが小さい」

というお悩みを持つ方がいらっしゃると思います。

 

腰を動かそう、とすると

上半身が動いたり、前かがみになったり、逆に腰が反ってしまったりします。

 

腰を動かす、のではなく、

「股関節を動かす」のが正解です。

 

股関節を動かすことで、上半身が安定し、

結果的に腰を動かそう!と力んでいた時よりも

腰が大きく、滑らかに動くようになります。

 

体の動きとともに見てゆきましょう。

 

スポンサーリンク



 

股関節を意識することで、動きが安定し、腰が大きく動くようになる

 

骨盤

 

腰を使うときには股関節を使って腰を動かしています。

股関節は骨盤にはまっていて、

股関節と骨盤、背骨は腸腰筋という筋肉で繋がっています。

 

この腸腰筋のしなやかさ、強さで安定して股関節を動かせる可動域が決まっています。

背骨と骨盤も繋いでいますので

、上半身の安定にも役立っていて、

上半身はブレてはいけない、フラ、タヒチアンでは大事な筋肉です。

 

腸腰筋は3つの筋肉の総称

骨盤とつながっている腸腰筋

参考記事 健康シェア広場

 

腸腰筋というのは、実は3つの筋肉の名前の総称です。「腸腰筋」という筋肉があるわけではありません。

腸腰筋は、以下の3つの筋肉から成り立っています。

・大腰筋 背骨と股関節をつなぐ筋肉

・小腰筋

・腸骨筋 骨盤と股関節をつなぐ

です。

 

この中で特に重要なのは大腰筋と腸骨筋です。

 

腸腰筋はフラ、タヒチ,その他ダンスなどをしている人でも全員がうまく使えているわけではありません。

むしろうまく、使えていない人も少なくないです。

 

特にこんな人はうまく使えていない可能性が高いです。

 

・カホロ、オニウ、ヴァルなどのステップで膝が内側に入ってしまう

・腰があまり動いていない

 

膝がうちに入ってしまうと、股関節の動きが制限され腰の動きが小さくなってしまうだけでなく、

足の動きが不自然な感じになってしまい、足さばきが綺麗に見えません。

 

関連記事

 

スポンサーリンク



 

 

フラダンサー、タヒチアンダンサーのための 股関節、腸腰筋ののストレッチ

片足を上げて股関節をストレッチする女性

よくヨガで見るこのポーズが腸腰筋のストレッチに効果があります。

フラ、タヒチアンではカホロでも、タイリでも、アーミーでも

必要なのは腸腰筋を前後に動かすストレッチです。

 

このストレッチを壁に手をついても良いので

足を前後に開き、腸腰筋をストレッチしていきましょう。

 

腸腰筋の筋トレ

 

腸腰筋の筋トレを二つご紹介します。

簡単にできますが、ゴムバンドをつけるのがポイントです。

負荷が全く違います。

 

ゴムバンドをつけた状態で

各エクササイズを20回ずつ頑張りましょう

 

慣れてきたら20x3セットを1日にやります。

 

 

エクササイズ1 横になって足上げ

 

 


エクササイズ2

横になって足開き

 

 

私はこの中の黄色(一番負荷が強いの)を使っています。

弱いのから始めてだんだんに強くしていっても構いません。

 

まとめ

・フラ、タヒチアンの腰の動きは、腰を動かすというよりは、股関節を動かす。

・股関節が硬いと腰の動きが小さくなる。

・股関節が内側を向くと可動域が狭くなり、腰の動きが小さくなる。

・骨盤、股関節、太ももの骨をつなぐ腸腰筋を鍛えることで、フラ、タヒチアンの腰の動きがしやすくなる。

 

関連記事

 

→タヒチアンダンス、フラが上達したいならX脚を治しなさい!

→しなやかに動く股関節を手に入れ、ダンスが上達するトレーニング

→股関節の筋肉を柔らかくして鍛える,ストレッチの方法は?

→股関節を柔らかくするストレッチは、全身に効果絶大!

→ダンサーにオススメの脱毛サロンはどこ?

スポンサーリンク



 

 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


足首が太い原因は骨格の歪み! 足首を細くする方法は?


足首にくびれがない、いわゆるサリーちゃん脚。

大人っぽく、綺麗にスカートを着こなせないのが悩みの種だと思います。

 

夏のミニスカート、ワンピース、

水着姿はもちろんのこと

秋冬もスカートの流行が来ているので、

足首のねじれを強制して、

すらりとまっすぐ足になるトレーニングを紹介します。

 

スポンサーリンク

足の形の悩みの多くは骨格の歪みが原因

 

 

O脚、幅広尻、足首にくびれがない

など脚に関する悩みのほとんどが骨格の歪みから来ています。

 

骨格の歪みは長年の生活習慣により、

筋肉の使われ方がアンバランスになり、

関節が引っ張られてねじれている状態です。

 

硬くなった筋肉は緩め、弱い筋肉は鍛えてバランスをとって、

関節と骨の位置を正しく戻しましょう。

 

骨格が整えば、必然的に足やお尻のラインも美しく変わります。

まずは1週間続けてみましょう。

 

足首のくびれがない人は扁平足の可能性がある

 

 

足首にくびれがない、という悩みを持つ人は

足と骨をつなぐ「距骨」を中心に足首の骨が傾き、足裏のアーチが潰れている可能性があります。

 

足首が傾いて、高さがなくなり、

足が扁平な印象になることで、足元がもっさりした印象になってしまいます。

いわゆる扁平足です。

 

メリハリがなくなるだけでなく足が短く見えて、全体にしまりのない脚線になってしまいます。

 

 

足裏のアーチの崩れをほおっておくと様々なトラブルの原因になる

 

足裏のアーチが崩れることで、足にかかる負荷が増加。

その結果、様々なトラブルが発生します。

外反母趾、

たこ、魚の目、浮き指、巻き爪、陥入爪、足底腱鞘炎になってしまう場合もあるのです。

 

足首は足全体の印象を決める

見た目にもほっそりした足首を作るには

まず、土踏まずから内くるぶしへの外側を通り、ひざ下へと続く後脛骨筋を鍛えて、足裏を引き上げましょう。

 

さらに、ふくらはぎ裏のヒラメ筋を鍛えて、ひざ下全体のメリハリを作りましょう。

スポンサーリンク

 

 

足首、内ももを引き締める筋トレ

ワイドスタンス カーフレイズ

 

脚を大きく横に開いて行う動き。かかとを上げ下げすることで、足裏を持ち上げる筋肉、後脛骨筋を効率よく刺激ができる。

スクワットの効果もあり、内腿も引き締まるから脚全体のスタイルアップになります。

 

 

やり方

脚を大きく開き、つま先をできるだけ外に向ける。

膝をつま先方向に向けながら、腰を膝よりやや上の位置まで落とす。

膝の向きと角度をキー王したままつま先で床を踏みしめるようにして、両足のかかとを持ちあげる、

脚を大きく開いて、スクワットの姿勢からつま先を上げ下げする感じです。

 

アップダウンを10回繰り返す。

簡単に日常的にできるエクササイズ

 

階段の上りは必ず爪先立ちで!

私は20代の頃から、階段の上り下りは必ず爪先立ちでやっています。

 

 

ハイヒールを週に1回は履く

ハイヒールは爪先立ちと同じ筋肉を使うので、ふくらはぎ、足首が細くなり、

自分の動作、足さばきもも女らしくなります。

 

昨今はスニーカーが流行っていて歩きやすいですが、

週に1回は5センチ以上のヒールを履きましょう。

 

履き慣れていないと、ここぞという時に様にならないものです。

 

 

 

 

まとめ

・足首が太くなるのは、骨格が歪んでいる、体の癖が出ている。

・下半身の見た目のトラブルのほとんどは骨盤と股関節のねじれから。

・扁平尻、サリーちゃん脚、太ももが太い、O脚、X脚など。

・足がうまく使えていないと、足のアーチが崩れて扁平足になる、

すると外反母趾、巻き爪などの足先のトラブルの原因になる。

 

足のねじれを直して、

ミニスカートの似合う、綺麗な脚を目指しましょう!

 

 

関連記事

・股関節の筋肉を柔らかくして鍛える,ストレッチの方法は?

・スクワット、効果のあるやり方で全身痩せを狙う

・股関節を柔らかくするストレッチは、全身に効果絶大!

・ 全身脱毛ですべすべ脚をゲットしたい!オススメのサロンはどこ?

・【まとめ】股関節を柔らかくして鍛える、ストレッチと筋トレまとめ

 

スポンサーリンク


 

 

 

 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


フラダンス, タヒチアンの表現力をあげる、目線の動かし方


フラの曲の内容を表現するためには、ハンドモーションだけでなく、

目線の動きも重要なポイントとなります。

 

目線を動かすことで、観客を引きつけることができ、

ストーリーを伝えることができます。

 

初心者の方が最初に基本の姿勢(アイハア)、基本のステップ、ハンドモーションを

安定してできるようになったら、

次のステップとして目線の使い方や、フリとフリのつなぎ目、滑らかな腰使いなどが課題になってくると思います。

今回は、目線の使い方について学んで見たいと思います。

 



 

フラダンサーもタヒチアンダンサーもストーリーテラー

 

フラ、タヒチアンダンスでの基本の目線の位置はは指先です。

 

フラもタヒチアンも体の動きでストーリーを伝える踊りです。

ですので、まず話の意味を理解して、その動きを作ります。

 

例えばそれが空ならば、上を見る、

花ならば手先を見る。

 

山は、どこを見ると思いますか?

 

手先ではありません。

山はもっとずっと大きいので、手先の先を見ることで

山の大きさを表現します。

 

手の先に、目を向けて、

顔と一緒に目も動かすことで、観客を踊りのストーリーの中に引き込むことができます。

テクニックも大事だけれど、まずは曲を理解する

 

美しくなめらかな動きや自然な表情は曲の意味をしっかりと理解し、

自分の心の中でしっかりと理解できた時に、その表現が観客に伝わります。

 

そのためには自分の感性を常日頃から育てておくことも大事です。

自分自身の心を豊かにして、

フラ、タヒチアンを踊ることが楽しいと思う気持ちを感じることで、

ダンサー自身の感情や表情が内面から湧き出てきて、

観客に曲の内容を伝えることができるのです。

 

その感性が豊かであればあるほど、感動という形になって、観客に伝えることができます。

スポンサーリンク


 

目線の動きの基本

基本は指先を見る

 

 

指の先を見るのが基本です。

ストーリを表しているハンドモーションに合わせて、

視線も一緒に移動します。

 

目線で意味を表現する

例えば、右手は腰の位置で、大地と並行、

左手はまっすぐ地面と垂直にあげていたとします。

 

その場合は右手を見れば大地を、

左手を見れば太陽を意味することになります。

 

曲の意味によって、見る方向が変わるので注意しましょう。

 

左右で迷ったら右を見る

 

左右の手を対象に動かすモーションで、どちらの手を見ていいかわからない場合は、

基本的には右手を見ます。

 

両手を開いて、閉じていくような場合ですが、

最初は右手を見て、

その後右手の動きを追います。

 

両手が近づいて、正面で揃った時に

両手の先を見る、といったイメージです。

 

タヒチアンのソロの時は、基本的には顔は正面を向ける

タヒチアンにはソロ(オリ・タヒチ)があります。

この時は基本的には顔は正面です。

 

ゆっくりな動きな時にはフラと同じで、手先を見ます。

 

ですが、オリタヒチの時には

動きがとても早く、ハンドモーションというよりも腰の動きがメインです。

ですので手の動きよりも腰で表現するのです。

 

フラはエモーションで、タヒチアンはパッションという言い方をします。

フラは手先で表現して、タヒチアンは腰で表現するのです。

 

同じポリネシアンダンスでも

早い動きだと、ゆっくりな動きで表現方法が変わります。

 

オリタヒチは即興で、完全に自分のオリジナルの表現です。

ストーリーではなく自分のパッションを1〜3分の間に表現をし尽くします。

 

その時の目線の表現とは、

繊細さ、というよりは観客をロックド・オンする感じです。

釘ずけにする、目を離せなくさせる、といった感じです。

 

フラ、タヒチアンのどちらも踊るダンサーは

やはり自分の中に色々な自分(繊細さ、感情、パッション、セクシー、上品など)

の表現を持つことで、

表現の幅が広がり、より多くのものを観客に伝えることができるのです。

 

まとめ

・フラでは基本的には手先を見る。

・山、空などのおおきなものを表現する時は、手先のずっと先を見る。

・自分の感性を常日頃から磨いておく。(綺麗な花を見る、自然の中に出かける、感動する映画を見る)

・タヒチアンのソロを踊る時には、目力が必要。基本的には顔は正面で観客を釘付けにするつもりで。

 

常日頃より、感性を磨いて素敵なダンサーを目指しましょう!

スポンサーリンク


 

関連記事

→初心者が タヒチアンダンス上達のコツ まとめ

 

→初心者 フラ上達のコツ まとめ

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


タヒチアンダンス 基本ステップ タイリタマウ



タヒチアンダンスは、インナーマッスルを使って腰を大きく、早く動かすダンスです。

フラと同じポリネシアンダンスのカテゴリーですが、

フラの動きは横の動き、

タヒチアンダンスは縦の動き

という違いがあります。

 

腰を前後左右に動かし、脚力も使いますので

腹筋、背筋、インナーマッスル,太ももの筋肉が鍛えられます。

 

これらの筋肉を鍛えることで、安定したステップが踏めます。

タヒチアンダンス基礎の動き,タイリタマウの練習をしていきましょう。

 

スポンサーリンク


まずは正しい姿勢をマスターする

 

まずは自分の姿勢が猫背、または反り腰になっていないかのチェックをしてみましょう。

 

壁に沿ってたっと時に、

頭、肩、オア知り、かかとの4点が壁についているかのチェックをしてみたください。

 

4点をつけようと時に膝が曲がってしまうのが猫背タイプ、

壁と腰の間に手のひらが1枚以上入るぐらい隙間が開くのが反り腰タイプです。

 

猫背の人は、大腰筋や、脊柱起立筋などの背中の筋肉が弱く、

反対に腹筋が強いのでそれに引っ張られて猫背になってしまいます。

日常から背筋を使うイメージを使って、背筋側を鍛えると良いでしょう。

 

反り腰の人は、腹直筋や、大臀筋が弱くなっています。

お尻が緩んでいるので、

日常生活でもお尻をグッと引き締めて、お腹を引き上げてください。

お尻が突き出ないように普段から注意をしましょう。

 

 

参考記事

タヒチアンダンス、フラの基本姿勢診断、あなたは反り腰OR猫背??

 

タヒチアンダンスの基本の姿勢は、フラと同じアイハア

 

 

腰に手を当てて、足は肩幅に開きます。

膝は軽く曲げ、背筋はまっすぐにして、顔は正面を向きます。

 

膝は曲げすぎずに、軽く曲げます。

背筋はすっと伸ばします。

顔は顎を上げたり、引きすぎないようにします。

 

膝が伸びていたり、背中が丸まっていたり、反りすぎもダメです。

鏡を見てチェックしましょう。

 

タヒチアンダンスのアイハアのポイント

・両かかとを付ける

・重心はなるべく内側に置く

・重心は足首の下〜かかと

・お尻をグッと閉める

 

フラと違うところ、

フラは拳1個分ぐらいの足を開いた状態が基本姿勢だが、タヒチアンの基本姿勢は足を閉じておく!!

スポンサーリンク



 

タイリタマウはVの動きを意識する

 

タイリタマウ、基本の動き

 

1、基本姿勢になる。
お腹や、お尻を突き出さず、上半身は動かさない。

 

2、ゆっくり腰を左斜め後ろに引き上げる。
このとき、膝を斜め後ろに押し出すようにする。
右膝を伸ばしきらない。

 

3、2と同じように右斜め後ろに引き上げます。
肩が下がったり、上半身が動かないように気をつけます。
最初の姿勢は1ですが、
ステップは2と3を繰り返します。

 

早くできなければゆっくりやってみましょう。

 

参考記事

 

→タヒチアンダンス初心者が上達するコツまとめ
スポンサーリンク


石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


【まとめ記事】初心者がフラダンスを上達するコツ  7記事  


フラをしばらくやってみて、

最初はとても楽しい、パウを着れるだけで嬉しい。

という感じから徐々にどのようにしたらよりフラらしく踊れるか?

というところにフォーカスしていくと思います。

長くやっている方と自分との違いはなんだろう?

と考えていくことになるでしょう。

 

基本はとにかく、先生やクムの真似をすることです。

どの世界でも、どんな芸事でも、スポーツでも基本は真似から入ります。

先生を完コピするつもりでレッスンやワークショップを受けましょう。

スポンサーリンク


 

初心者がタヒチアンダンス、フラダンスを上達する方法まとめ

 

初心者がタヒチアンダンス、フラダンスを上達する方法

初心者が楽しくフラを続けるにはどのようなことに気をつければ良いか、

家での練習方法などについて書いています。

 

 

→タヒチアンダンス,フラの基本姿勢診断、反り腰or猫背?

基本の姿勢はとても大事です。

猫背は見た目に綺麗でないし、

反り腰はけがにつながります。

 

どちらも重心の位置がおかしいので、

早めに癖を取り正しいアイハアの姿勢を癖づけて行きましょう。

家にすると土台の部分なので、骨盤がまっすぐでないとバランスも取りにくいし、

その上に立っている上半身もバランスが取りにくいので

踊っていても、踊りにくく、美しく見えないということになってしまいます。

 

 

→フラの動きの基本はカオ、初心者の上達のポイントは?

フラのステップの基本は「カオ」です。

「カホロ」はカオを2歩づつ移動したもの。

カヴェルはカオで前後に移動したもの、

カラカウアは斜めの前後に移動したものです。

 

カオができないと他のステップも軸がなくて安定してない感じに見えてしまいます。

フラも他の踊り同様に基本の動きが大事なので、

まずは基本ポジションのアイハアができるぐらいの筋肉をつけること。

その次にカオが安定して、重心移動をスムーズにできることを目指しましょう。

 

 

スポンサーリンク



→タヒチアンダンス、フラが上達したいならX脚を治しなさい!

カオの次のステップがカホロですが、この時に内股になっているとカホロが綺麗にできていないことになります。

膝とつま先はまっすぐ同じ方向に動くようにしましょう。

 

内股になっているとしたら、問題は股関節にあります。

股関節がまっすぐになって可動が滑らかなら、

カホロ、アミ、オニウなどの動きも滑らかに美しくできるようになります。

 

→フラダンス、優雅な手の動きのためには肩を下げて、胸を開く

下半身の動きが安定してできるようになれば

上半身も安定して、肩があがりにくくなります。

肩を下げて、胸を開くとフラダンサーらしく見えます。

 

→フラダンスの種類、カヒコとはどんなダンスですか?

カヒコは古典で、昔から伝わる伝統的なフラで、

これに対応するのが、現代フラでアウアナと言います。

 

アウアナとカヒコの違い、カヒコの歴史などを見て行きましょう。

 

→フラダンス, タヒチアンの表現力をあげる、目線の動かし方

基本の姿勢(アイハア)ができる、

カオ、カホロができる

上半身がブレない

ここまでができるようになったら、次のステップです。

目線の動かし方、歌詞の意味を覚える、表情豊かに踊るなどです。

ここでは観客にストーリーを想像させるための、目線の動かし方を書いています。

 

まだ脱毛をしていないフラダンサーの方に

→ダンサーにオススメの脱毛サロンはどこ?

 

スポンサーリンク



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


【タヒチアンダンス 手作り衣装】モレ 作り方


Iorana!( タヒチ語でこんにちは!)

タヒチアン、フラの夏がやってきました!

 

タヒチアンダンスの衣装は、

とてもゴージャスだし、輸入品で、手作りなので

一式購入すると5−7万円以上かかります。

ヘッドだけでも1万〜3万ぐらい、ヒップベルトで2万〜4万ぐらい、

モレで1万5千円ぐらいはかかります。

 

大会などに出るときは良いものをオーダーしたり購入したいですが、

身内のイベントや、結婚式、保育所の出し物、子供達の衣装など、

なるべくコストを抑えて、

たくさん作りたいときなどがあると思います。

 

私たちも、ケースバイケースで輸入をしたり、作ったりしています。

購入する際も作り方を参考にしています。

 

主婦の方が多いクラスで

なるべくコストを抑えたい、という時にみんなで作った衣装を紹介します。

このときはモレから、ヒップベルト、イイ、ヘッドの一式をりました。

 

材料は100均とホームセンターで揃うもので作りました。

遠目には本物との違いはほとんどわかりません。

 

このときは生徒さんにハンドメイドが得意な方がいて、

色々試行錯誤してサンプルを作ってくれて、それを参考にして作りました。

 

作業時間は、全部で7〜8時間ぐらいだったと思います。

この夏、手作りの衣装で、イベントに出て踊ってみませんか?

 

スポンサーリンク


タヒチアンダンス、 手作り衣装の作り方 モレ編

今回はこのショートモレを作ります。

この衣装はすべて、100均とホームセンターで手に入るもので作りました。

 

用意するもの

荷物を縛るPPテープ(ポリプロピレン製の荷物紐のこと)、2玉(ショート) 3−4玉(ロング)

ラフィア 50g 6〜8玉

 

1. 土台になる腰紐を、PP紐の三つ編みを作る

自分のウエスト分+50センチぐらい。

好みの長さの巻分で作る。

この長さがモレのウエスト+腰紐の長さになる。

 

 

 

 

2. 自分の希望の長さの二倍に切ったPP紐を自分のウエスト分切って準備して行きます。

長さは、ショートなロングか好きな長さにします。

足りなかったらその都度切って行きます。

 

 

3.PP紐で輪っかを作り、その中に輪っかじゃない方を通していく。

1で作った三つ編みのひもに巻きつけて固定していきます。

 

4.どんどん紐を増やして行きます。

結構大変ですが、紐を増やした分だけの幅のモレができます。

チームのシスターたちと話しながらとか、

おやつを準備したりして楽しくやっていると

1−2時間ぐらいでできます。

 

 

紐を切る人と、紐を固定する人で分業してもOKです。

 

 

5.出来上がりです。

 

 

 

6. オーバースカートを作ります。

このままでも良いのですが、

ラフィアのオーバースカートを作ることで

より、質感が本物っぽく見えます。

 

7.同じ作り方で作ります。

オーバースカートなのでPPよりもボリュームが少なくても構いません。

 

 

8.完成!

 

 

スポンサーリンク



番外編 ヒップベルト、 イイの作り方

ヒップベルトの作り方

 

 

 

用意するもの ラフィア、4−5玉

ベルト、グルーガン、シェルなどの飾り、マジックテープ

 

参考文献

 

タヒチアンダンス 手作り衣装の作り方 【ヒップベルト】 

こちらの4,5までを参考にして作ります。

 

ここでは束にしたラフィアを固定は釘ではなくベルトにラフィアで縛って固定しています。

紙なので軽く、紐での固定でも大丈夫です。

 

 

このベルトは、ラウハラでなく、100均のベルトを使っています。

 

今回のヒップベルトは羽なしですが、好みでつけても構いません。

本物のモレに使われている、タパという素材は木の皮なので重いのですが、

ラフィアは軽いのでボリュームが大きいものを作っても、腰が軽く回せて重宝します。

 

イイの作り方

 

長さ20センチのイイの作り方

 

用意するもの

ラフィア2玉ぐらい、結束バンド

 

1、長さ40センチに食ったラフィアを2つにおります。

2、輪っかのところを結束バンド、または切ったラフィアで結びます。

3、一番てっぺんのところも縛って抜けないようにします。

 

 

 

 

これで、フルセットできました。

 

子供の衣装も同様に作りました。

 

 

ヘッドの作り方はこちらを参考にしてください。

タヒチアンダンス 衣装の作り方 【ヘッドドレス】

 

頑張って、素敵な衣装を作ってくださいね!

 

 

参考記事

→ダンサーが全身脱毛するならどこのサロンがいい?

 

スポンサーリンク


 

 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


フラダンス、優雅な手の動きのためには肩を下げて、胸を開く!


  1. フラは「世界一、優雅な踊り」と言われています。

 

滑らかな腰の動き、手話になって、曲の意味を伝えるハンドモーション、
曲の意味にあった生花のレイや髪飾り、ゆったりとした南国のリズムなど、

 

癒しのダンスとも言われる所以がたくさん詰まっています。

 

中でもハンドモーションがゆったりときれいだと見とれてしまいます。

 

綺麗なハンドモーションのためには、
「肩が下がっていること」
「関節が緩んでいること」
「指先が滑らかなこと」
が挙げられます。

 

ここでは優雅で美しいフラを踊るための、
第1ポイントの
「肩を下げること、胸を開くこと」の重要性について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


肩甲骨を下げて、胸を開くとフラの上半身の基本姿勢ができる

肩を下げる

日本人のフラは肩に力が入りすぎる、とハワイからいらしたクムがおっしゃっていました。

肩が上がっている、と言われる方はまずは「肩甲骨を下げる」ことを意識して習慣にします。

 

よく、「手を伸ばして」という指示を出した時に

腕をピン!と伸ばして、腕と耳がくっついている方がいますが、

これは肩が上がった状態です。

肩が上がると必ず肩甲骨も上がるので、肩甲骨をいつも下げておくことを意識します。

 

そうすることで、自然にすべての上半身の関節が緩みます。

 

参考記事

肩甲骨を動かすと痩せる!ダイエット、肩こり、バストアップに効果あり!

 

 

肩甲骨を寄せて、胸を開く

肩甲骨を下げたら、次は肩甲骨を後ろで寄せます。

よく、子供や10代の子たちは肩甲骨がくっきりと見えますが、

大人になるのにしたがって背中が丸くなり肩甲骨がはっきりしなくなってきます。

巻き肩になっている人が多いので、肩がうちに入らないように注意します。

 

肩甲骨を寄せ、胸を開き自然に肩を落としましょう。

首には力を入れず、頭を自然に首の骨に乗せます。

そして顎を引きます。

目線は遠くを見ると、上半身が安定します。

 

参考記事

→タヒチアンダンス,フラの基本姿勢診断、反り腰or猫背?

フラダンス、基本ステップの前に、基本の姿勢を体で覚える

すべての関節を緩める

 

 

ここでいうすべての関節とは、肩、肘、手首のことを指します。

 

肩甲骨を下げ、胸を開いたら手を胸の高さにあげて、拳一つ分くらい胸との間をあけます

手のひらは下にします。

 

これが基本のハンドポジションです。

 

そして、この状態で、肩、ひじ、手首のすべての関節が緩んでいるか確認です。

肘と手は平行です。

関節には力が入っていませんが、指先は綺麗に揃っている状態、

を意識しましょう。

 

肩と肩甲骨は下がっていますか?

胸は開いていますか?

 

すぐに基本のポジションになれるように普段から気をつけておきましょう。

 

スポンサーリンク



 

基本のハンドポジション+カオ

 

基本ののハンドポジションは基本ステップカオの時のハンドポジションです。

 

カオはすべてのステップの基本となる動きです。

 

ですので、この両手を胸の前に持ってくるハンドポジションとともにカオをするのが

すべてのフラの動きの基本となります。

 

ぜひ、カオといっしょに練習しましょう。

 

参考記事

 

フラの動きの基本はカオ、初心者の上達のポイントは?

 

 

カホロのハンドポジション

 

カオのハンドポジションをベースにします。

 

肩甲骨を下げ、胸を開いたら左手を胸の前に、右手を体の真横と正面の間の右斜め前方45度に向けます。

手のひらは下にします。

 

手は胸の高さです。

肩と肘の位置は動かしません。

これが基本の手の動きです、

左手が斜め45度右手が胸の前との1セットです。

 

 ベーシックステップのカホロと一緒にやってみましょう。

 

まとめ

 

・美しいハンドモーションのために、基本の姿勢、基本のハンドポジションを覚える。

・一度覚えたら、それを基本に他の動きに展開する。

・基本の動きはベーシックな手を胸の前に揃えるハンドポジション+カオ

これがすべての動きの基本。

・どの動きも肩を下げる、肩甲骨を寄せる、首はまっすぐ、顎を引く、遠くを見るなどの基本姿勢を守る。

 

基本を身体で覚えるのが、フラの上達の一番の近道です。

頑張りましょう!

 

 

フラダンス、基本ステップの前に、基本の姿勢を体で覚える

→フラダンサーにオススメの脱毛サロンはどこ?

スポンサーリンク



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。