【タヒチアンダンス 手作り衣装】モレ 作り方


Iorana!( タヒチ語でこんにちは!)

タヒチアン、フラの夏がやってきました!

 

タヒチアンダンスの衣装は、

とてもゴージャスだし、輸入品で、手作りなので

一式購入すると5−7万円以上かかります。

ヘッドだけでも1万〜3万ぐらい、ヒップベルトで2万〜4万ぐらい、

モレで1万5千円ぐらいはかかります。

 

大会などに出るときは良いものをオーダーしたり購入したいですが、

身内のイベントや、結婚式、保育所の出し物、子供達の衣装など、

なるべくコストを抑えて、

たくさん作りたいときなどがあると思います。

 

私たちも、ケースバイケースで輸入をしたり、作ったりしています。

購入する際も作り方を参考にしています。

 

主婦の方が多いクラスで

なるべくコストを抑えたい、という時にみんなで作った衣装を紹介します。

このときはモレから、ヒップベルト、イイ、ヘッドの一式をりました。

 

材料は100均とホームセンターで揃うもので作りました。

遠目には本物との違いはほとんどわかりません。

 

このときは生徒さんにハンドメイドが得意な方がいて、

色々試行錯誤してサンプルを作ってくれて、それを参考にして作りました。

 

作業時間は、全部で7〜8時間ぐらいだったと思います。

この夏、手作りの衣装で、イベントに出て踊ってみませんか?

 

スポンサーリンク


タヒチアンダンス、 手作り衣装の作り方 モレ編

今回はこのショートモレを作ります。

この衣装はすべて、100均とホームセンターで手に入るもので作りました。

 

用意するもの

荷物を縛るPPテープ(ポリプロピレン製の荷物紐のこと)、2玉(ショート) 3−4玉(ロング)

ラフィア 50g 6〜8玉

 

1. 土台になる腰紐を、PP紐の三つ編みを作る

自分のウエスト分+50センチぐらい。

好みの長さの巻分で作る。

この長さがモレのウエスト+腰紐の長さになる。

 

 

 

 

2. 自分の希望の長さの二倍に切ったPP紐を自分のウエスト分切って準備して行きます。

長さは、ショートなロングか好きな長さにします。

足りなかったらその都度切って行きます。

 

 

3.PP紐で輪っかを作り、その中に輪っかじゃない方を通していく。

1で作った三つ編みのひもに巻きつけて固定していきます。

 

4.どんどん紐を増やして行きます。

結構大変ですが、紐を増やした分だけの幅のモレができます。

チームのシスターたちと話しながらとか、

おやつを準備したりして楽しくやっていると

1−2時間ぐらいでできます。

 

 

紐を切る人と、紐を固定する人で分業してもOKです。

 

 

5.出来上がりです。

 

 

 

6. オーバースカートを作ります。

このままでも良いのですが、

ラフィアのオーバースカートを作ることで

より、質感が本物っぽく見えます。

 

7.同じ作り方で作ります。

オーバースカートなのでPPよりもボリュームが少なくても構いません。

 

 

8.完成!

 

 

スポンサーリンク



番外編 ヒップベルト、 イイの作り方

ヒップベルトの作り方

 

 

 

用意するもの ラフィア、4−5玉

ベルト、グルーガン、シェルなどの飾り、マジックテープ

 

参考文献

 

タヒチアンダンス 手作り衣装の作り方 【ヒップベルト】 

こちらの4,5までを参考にして作ります。

 

ここでは束にしたラフィアを固定は釘ではなくベルトにラフィアで縛って固定しています。

紙なので軽く、紐での固定でも大丈夫です。

 

 

このベルトは、ラウハラでなく、100均のベルトを使っています。

 

今回のヒップベルトは羽なしですが、好みでつけても構いません。

本物のモレに使われている、タパという素材は木の皮なので重いのですが、

ラフィアは軽いのでボリュームが大きいものを作っても、腰が軽く回せて重宝します。

 

イイの作り方

 

長さ20センチのイイの作り方

 

用意するもの

ラフィア2玉ぐらい、結束バンド

 

1、長さ40センチに食ったラフィアを2つにおります。

2、輪っかのところを結束バンド、または切ったラフィアで結びます。

3、一番てっぺんのところも縛って抜けないようにします。

 

 

 

 

これで、フルセットできました。

 

子供の衣装も同様に作りました。

 

 

ヘッドの作り方はこちらを参考にしてください。

タヒチアンダンス 衣装の作り方 【ヘッドドレス】

 

頑張って、素敵な衣装を作ってくださいね!

 

 

参考記事

→ダンサーが全身脱毛するならどこのサロンがいい?

 

スポンサーリンク


 

 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


【まとめ記事】 タヒチアンダンス、フラダンスのメイク 総集編


タヒチアンダンス、フラダンスの季節、夏がやってきました。

衣装を新調した方もいらっしゃると思います。

メイクもばっちり決めたいですね。

 

 

メイクをばっちり決めるためのポイントのまとめ記事を作りました。

動画も交えてなるべくわかりやすくなるように説明をしています。

あたらしいメイクテクニックを取り入れる時は、ショーの前に何度か鏡の前で練習してみることをお勧めします。

 

スポンサーリンク



タヒチアンダンス、フラのメイクが上達するポイント、現地の人っぽく見せるには?

現地の人っぽく見えて、自分の良さを生かすメイクのポイントは何か、というと
・目力のあるアイメイク、
・凹凸のある骨格に見せるメイク、
・赤リップ
・テラコッタの肌色
などです。
これだけでハーフっぽく見せることができますし、目もつけまつげやラインでびっくりするぐらいに大きくすることが可能です。
下にパーツごとのポイントを書いたブログのリンクを貼っています。
難しそうなところは動画も貼っていますので参考にしてください。
ショー本番当日は焦るので、新しい色やテクニックを取り入れる時は必ず事前に練習することをお勧めします。

タヒチアンダンス、フラのベースメイク

 

いわゆるコンテュアメイクで、骨格をはっきりさせて、ハーフ顔に近づけるようにします。

(コンテュアリングは輪郭をはっきりさせるという意味)

 

白人でも鼻の横に入れるノーズシャドウで鼻がとても高くなったように見えるので、私たちアジア人もがっつり陰影をつけると舞台映えのする

ハーフ美人顔になります。

 

・タヒチアンダンス、フラのメイクのポイント、ベースメイク編

 

スポンサーリンク



 

 

タヒチアンダンス、フラのアイメイク

かなり似ていますが、タヒチの方がアイラインも太く、シャドウも濃く塗ります。
 フラの場合はドレスの色に合わせて、アイシャドウをグリーンや、ブルーにする場合もありますが、
タヒチの場合はアイシャドウをブラウン系がグレイ系にする方がクールでかっこいいです。

 

 

 

タヒチアンダンス、フラのメイク、リップとチーク

基本は赤リップです。
曲によってはピンクやベージュの時もあります。
自分に似合う赤リップを1本持っているとON, OFFに使えます。
赤リップは最近、長いトレンドなので、自分のパーソナルカラーで似合うものを持つと舞台でもひときわ映えるでしょう。
素敵なダンスメイクでイベントで踊ってくださいね。
関連記事

スポンサーリンク



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


タヒチアンダンス、フラのメイクのポイント【リップ、チーク編】


タヒチアンダンス、フラのメイクでベースメイク、アイメイクに続いて、最後にポイントになるのがリップとチークです。

今までにベージュや、いろいろな赤リップを使ってみたのですが、カラー診断を受けてからは自分に似合う赤を選べるようになりました。

 

ほんのすこしの自分のベースカラーの違いで似合うカラーが違ってきます。

特にリップの違いは綺麗に見えるかどうかが大きく変わってきます。

イエローベースの肌ならオレンジ系の赤、ブルーベースの肌ならローズ系の赤が基本原則ですので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク



最初に、肌のカラー診断とは? 簡単な説明

パーソナルカラーとは生まれ持った肌・瞳の色によって決まる、あなたにとって似合う色のことです。
「Spring~春」「Summer~夏」「Autumn~秋」「Winter~冬」の4つの季節のグループに分けることができます。
ここではざっくり、春、秋を暖色系が似合うイエローベース、夏、冬を寒色系が似合うブルーベースと分けて紹介しています。

詳しく知りたい方は勉強してみると衣装や、メイクなどいろんなことに活かせますよ。


タヒチアンダンス、フラの基本は赤リップ

 

今までに使ってきた赤リップでオススメのものです。

基本、私はステージコスメはプチプラ派です、

理由は、

 

・ショーの当日は慌てているのでメイク用品を無くす可能性があるので、あまり高いものでない方が良い。

・あ、〇〇が足りない!と思った時もすぐに買い足せる。ドラッグストアでも売っているようなブランドが良い

 

という理由からです。

 

 

タヒチアンダンス、フラダンスのステージメイクで目指すイメージ

2分ほどの短い動画なので是非みてみてください。

短い動画の中にタヒチアンダンス、フラダンスのメイクのポイントが詰まっています。

赤リップも輪郭がはっきりしていて、艶があり上品で理想のリップラインです。

 

アイラインの太さ、ハイライトを入れる分量なども参考になります。

 

 

 

スポンサーリンク


タヒチアンダンス、フラのステージメイクに使う

オススメ赤リップ1. レブロン 

 

 

このレブロンのリップの良いところは発色の良さと、持ちの良さです。

リキッドなのですが、つけるとマットなテクスチャーに変わります。

つけた途端に密着するので本当に落ちません。

 

マットな感じがおしゃれですが、ステージ上では透明なリップグロスを中央に乗せてツヤを出し、ハイライト効果を出した方がいいです。

唇に立体感が出ます。すこし黄色味が買った赤なのでイエローベースの肌の方にオススメです。

 

普段使いしてもおしゃれな感じになります。

 

タヒチアンダンス、フラのステージメイクに使う

オススメの赤リップ2. ちふれ

 

ちふれはすごくプチプラで近所のマックスバリューに中でも売っているので、「明日ショーだけど買いに行く時間がない!」というときにも重宝します。

ドラックストアなど取り扱いしている店が本当に多いです。

ちふれのこの赤色は深みのあるクラシカルレッドです。高級感がある色です。

深みのある色なので。上のレブロンより重厚感があります。

 

黒や、赤のオテアの衣装に合うと思います。

大人の女性の方が似合うのでアラフォー以上の方にオススメです。

アイメイクもしっかり作り込んでください。

リップの持ちは普通なので一回目を塗ってティッシュオフをするとして、唇の真ん中に透明のグロスを塗ると良いです。

ちふれの口紅はケースと中身が別売りなのでケースも買ってくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ちふれ化粧品 口紅(詰替用) 深みのあるクラシカルなレッド 553
価格:324円(税込、送料別) (2018/6/9時点)

 

タヒチアンダンス、フラのステージメイクに使う

オススメの赤リップ3. M.A.C

 

M.A.Cのリップもしっかり発色するのでステージメイクにオススメです。

ほぼみたままの色が出ます。

下で紹介するのはオレンジレッドです。正統派赤よりも軽くおしゃれに仕上がります。

カラー診断でイエローベースの方にオススメです。

ブルーベースの方はオレンジ系より、ローズ系が似合います。

 

 

イエローベースさん向けオレンジレッド。

ブルーベースさん向け正統派レッドです。

 

 

タヒチアンダンス、フラのステージメイクに使う

オススメチーク インテグレート

私は普段ミネラルチーク派で、普段のチークをステージメイクの時も使っています。

チーク、アイライン、軽めの赤リップは普段と兼用ですが、ファンデやベースは作りこむので普段用と、ステージ用は別にしています。

 

前はベージュのチークを使っていたのですが、あまり色味が感じられなかったので、普段のレッド系を使うようになりました。

イエローベースの方はオレンジチークが似合いますが、ブルーベースの方はレッド系が似合います。

ぽんぽんチークは急いでいる時も使いやすいのでオススメです。

頬骨の高いところの下にポンポンと色を置いていきます。

写真のチークの位置を参考にしてやってみてくださいね。

 

イエローベースの方はオレンジを、ブルーベースの方はレッドを選んでください。

 

参考記事

・タヒチアンダンス、フラダンスのメイクのポイントは?【アイメイク編】

・タヒチアンダンス、フラダンスのメイクのポイントは?【ベースメイク編】

タヒチアン、フラの時のメイクのポイントは何?

ラの時のアイメイクはどのようにしたらいい?

・まとめ記事 タヒチアンダンス、フラのメイクのポイント

ダンサーにオススメの脱毛サロンはどこ?

 

 

スポンサーリンク



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


【まとめ記事】タヒチアンダンスの衣装の作り方、輸入の仕方


タヒチアンダンス衣装の作り方、輸入の仕方のまとめ記事です。

例えばベースを購入したとしても、

作れるところは作ってみるととてもコストダウンできるのでお勧めです。

もしくは同じ予算なら、羽を増やしたりでとてもゴージャスなものを作れます。

 

ダンサーの数が多い場合でも揃えやすいです。

子供の衣装も作れますし、親子でお揃いなども可愛いと思います。

と、良いことづくめです。

自分で手作りした衣装なら愛着もわきますね。

 

スポンサーリンク


 

タヒチアンダンス衣装に関する記事まとめ

 

【タヒチアンダンス 手作り衣装の作り方】 ヘッドドレス

 

→タヒチアンダンス 手作り衣装の作り方 【ヒップベルト】

 

→タヒチアンダンスの衣装の材料はどんなものを使う?

 

→タヒチアンダンス、フラの衣装は手作り、個人輸入どちらが安い?

→タヒチアンダンス 手作り衣装【モレ 作り方】

 

手作りした衣装で、情熱的なダンスを踊ってくださいね!

 

 

スポンサーリンク


 

脱毛を考えているダンサーの方への記事

→ダンサーが全身脱毛するならどこのサロンがオススメ?

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


【タヒチアンダンス 手作り衣装の作り方】 ヘッドドレス


タヒチアンダンスの衣装はとても華やかです。

特徴的なのが、頭につけるヘッドドレスと腰につけるヒップベルトです。

ヘッドドレスに使う主な材料は羽根、シェル、ニアウというやしの新芽を乾かした物、花、ティーリーフやシダなどの植物などがあります。

 

自分たちで手作りするとイメージ通りのものが作れますし、衣装のコストを下げれるのも大きな魅力です。

チームのみんなでお揃いのものが作れるので、数が多くても全員分を揃えることができます。

子供用などは、ヘッドドレスのサイズも小さく作れます。

小さな子達が手作りのヘッドドレスをつけているのはとても可愛いですよ。

 

今回は私が娘のために作ったヘッドの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク



 ヘッドドレスの作り方

真ん中にいる娘がつけている子供用のヘッドドレスの作り方を紹介します、娘は10歳で、130センチぐらいです。

 

 

用意するもの

ダンボールか厚紙、タパ(モレスカートの材料)、羽根(水色、白各12センチX30本ぐらい)

貝のモチーフ、ベルト状の自然素材(ラウハラ、バナナリーフなど)、マジックテープ、瞬間接着剤、グルーガン、はさみ

1、頭の大きさに合わせて、土台になるダンボールかラウハラマットをカットする。

私は今回は段ボールを使っています。

今回は13X15センチでカットしました。

ヘッドバンドは今回は薄くラウハラを剥いだ素材を使っています。

ラウハラを編む前のものです。

編んであるラウハラの方が手に入りやすいし、扱いやすいです。

 

2. 土台になる素材を布で包む。

木工用ボンドか、グルーガンで糊づけをします。

目の粗い素材の方が雰囲気が出ます。

例えば麻、リネン、目の粗いコットンなどです。

 

 

3.裏にフェルトを貼ります。

下の方はベルトをフェルトの下にはるので下の方は一部空けといてください。

 

 

4.同じく頭のベルト用の素材をカットする。

丁度良いところでカットします。

ぎゅーっと締めないと落ちて来ます。

 

スポンサーリンク


5.フェルトの下にサイズを測った頭のベルトを貼り付けていきます。

しっかり止まらないようでしたら数カ所、糸でぬいつけます。

 

 

6.タパを貼っていきます。

上からラフィア青、ラフィア白、白い羽、青い羽の順番で貼っていきます。

 

 

 

 

7、貝のモチーフを作ります。

細くきたタパでリボン状のものを2つ作ります。真ん中は糸で縛ります。

 

リボンを2つ重ねて真ん中にリボンを貼ります。

ボンドはりつけて固定をします。

 

できました。

これを3つ作ります。

 

羽をつけたドレスの頭の位置にモチーフを貼っていきます。

ヘッドドレスの止めるところに(頭の後ろの部分)に接着式のマジックテープをつけます。

 

 

スポンサーリンク


ヘッドドレス作成にあたり難しかったところ、改良した方がいいところ

 

・タパをヘッドドレスのベースに貼っていくのがうまく貼るのが難しいです。

グルーガンは乾くのが早いので、時間内につけ終わる前に乾いてしまいましたので、木工用ボンドを多めに出して

くっつけるのが良いかと思います。

 

・羽は糸で繋がっているタイプを使ったので固定しやすかったです。

ばらばらな羽を購入した場合はやはりボンドを多めでつけていくのをお勧めします。

 

・裏に黄色いフェルトを貼ったのですが水色の方が目立たなかったかも。

でもちらっと黄色が見えるのも可愛いと思いました、

 

ヘッドドレスアレンジ

・今回は羽の量が十分になかったので、タパを使いましたが、全量羽もゴージャスでいいと思います。

・真ん中のシェルは丸いマザーオブパールでも大丈夫です。それにすると大人っぽいイメージになります。

 

もちろん色を変えるのも可愛いと思います。

お子さんと一緒に作るのも楽しいので、好きな色合いでつくってみてくださいね!

 

関連記事

→タヒチアンダンス 手作り衣装の作り方 ヒップベルト

→タヒチアンダンスの衣装の材料はどんなものを使う?

→タヒチアンダンスの衣装は手作りと個人輸入のどちらが安い?

 

スポンサーリンク



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


タヒチアンダンス、フラダンスのメイクのコツ【ベースメイク編】


夏本番ですね!

タヒチアンダンス、フラダンスの舞台の予定もどんどんと入って来ていると思います。

タヒチアンダンス、フラダンスのメイクのポイントは「彫りを深く見せること、顔立ちをはっきり見せること」です。

10メートル離れてみると目のメイクと、1メートルの至近距離で見るメイクの濃さは全く違います。

1メートルの近距離ではやば!と思うぐらいに濃いメイクが舞台では綺麗に見えるメイクです。

今回は彫りが深く見えるベースメイクを説明します。

 

スポンサーリンク



コントュアリングメイクは、タヒチアンダンス、フラダンスの舞台用メイクにぴったり

 

最近日本でも流行して来ているコントュアメイクはタヒチアン、フラのベースメイクアップにぴったりです。

 

コントゥアとは「輪郭」という意味の英単語です。

アメリカが発祥の輪郭をはっきりさせるメイク方法です。

 

コントュアリングというメイクテクニックは、

ベースメイクの色の明暗をよりはっきりさせることで

骨格の凹凸をはっきりさせて、

輪郭の立体感を演出するというもの。

 

今までのシェーディングやハイライトというテクニックをもっとはっきりさせるイメージです。

 

頬骨や額、鼻筋など

高いところがより高くなるように入れるのがハイライトです。

顔回りや鼻の脇などに、

陰影がつくように影をを入れるのがシェーディングです。

 

これらをもっとはっきりさせることによって、日本人でも欧米人並の骨格を演出することができます。

フラも、タヒチアンもネイティヴポリネシアンと欧米系がミックスされている方が多いので、

私たち日本人も、ベースメイクのテクニックでその骨格に近づけて行くことができます。

 

タヒチアンダンス、フラダンスのベースメイクの方法

スポンサーリンク



ファンデーションは濃いめをしっかりと塗り込む

 

 

 

準備するもの、ベース下地、ファンデーション、ハイライト、シェイディング

 

1、ベース下地を顔全体に塗る

 

パールの入っているものでも、マットなものでもOKです。

メーカーは何でもいいと思うのですが、外で踊ることも多いと思うのでウオータープルーフがいいかもしれません。

とにかく崩れにくいものを選びます。

 

私は敏感肌なので、下地はオーガニック化粧品を使っています。

肌が丈夫ならメイベリンや、レヴロンなどアメリカのメーカーのプチプラなどもいいと思います。

下地を肌に負担のないものを使うと、

その上に使う化粧品は肌の弱い人でもプチプラのものを使うことができます。

 

 

2、ファンデーションを顔全体に塗る、

色は自分の顔色より1−2トーン暗めの色で、健康的に日焼けしている感じを演出します。

リキッド、パウダー、クッションファンデなど好きなタイプで構いませんが、とにかく崩れないようにしっかりと肌に塗り込みます。

ダンス用品の会社チャコットが出している化粧品もしっかりとしたベースメイクが作れるのでオススメです。

 

 

 

タヒチアンダンス、フラダンスのベースメイクのポイントは、ハイライト、シェイディングを置く位置

こちらの写真は、アジア系のモデルさんなので真似しやすいです。

この写真の通りに、白いところにハイライト、茶色いところにシェイディングをおいてください。

最近はレヴロンや、メイベリンなど海外メーカーならコンテュア用メイクということで、2本セットで置いてあったりします。

 

 

ハイライトです。タヒチアン、フラの時は色はピンクパールより、ゴールドパールがいいです。

 

 

こちらはシェイディングです。

濃い色をお勧めします。

濃くした方がメリハリが出てステージ映えをします。

 

 顔に塗ったハイライトとシェイディングをなじませていく

ブラシを使ってなじませていきます。

最初見たときは「え?」と思うような上左の画像ですがなじませることで上右のようになります。

光は光、影は影として残すことで、自分でも驚くようなメリハリ骨格メイクが完成します。

 

まとめ

・コンテュアメイクの理論を使い、骨格の出ているところにはゴールドパールのハイライト、引っ込めたいところには暗めのシェイディング

を使うことで、骨格のはっきりしたハーフメイクに見せることができる。

 

・ファンデーションはマットで1−2トーン暗めのものをしっかり塗り込む。

夏なので崩れないようにウオータープルーフを使う。

 

・ハイライトと、シェイディングは馴染ませすぎて輪郭が消えないようにする。境目をぼかすだけでOK

 

関連記事

→フラダンスの時のアイメイクはどのようにすればいい?

→タヒチアンダンス、フラのメイクのポイント【リップ、チーク編】

→タヒチアンダンスのメイクのポイント【アイメイク編】

→【まとめ記事】 タヒチアンダンス、フラダンスのメイク 総集編

→タヒチアンダンス、フラダンスの時のメイクのポイントは?

 

スポンサーリンク



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


タヒチアンダンス、フラの衣装は手作り、個人輸入どちらが安い?


タヒチアンダンス、フラの衣装は最近では日本でもだいぶん安く買える様になりました。

フラに比べて、まだまだタヒチアンダンスの衣装は高いです。

その理由には羽根や、シェルなどの原材料をふんだんに使うことが理由ではないかと考えられます。

 

今回は初めて、海外のショップにタヒチアンダンスのヘッドドレスのオーダーをしてみました。

納期までの期間、対応、送料、などについてレポートします。

スポンサーリンク


 

なぜタヒチアンダンスの衣装を輸入しようと思ったのか

これまでには、国内のタヒチアンのショップで、ヘッドドレスとヒップベルトをオーダーしたことがあります。

ヘッドで1万円、ヒップベルトで2万円でした。

2個づつ頼んで割引はなしでした。

クオリティはとても良かったです。値段相応だと思いました。

 

今回は、初めてショウに出る人たちのためになるべく安く、衣装をフルセット揃えたいと思い、

手作りするものと、輸入するものを組み合わせて揃えようと思いました。

厳密には手作りするものの材料もハワイのショップから輸入することで少しでも価格を抑えることに取り組みました。

 

 

 タヒチアンダンス、フラの衣装の輸入先は、どこで探す?

 

 

etsy

 

etsyというアメリカのハンドメイドサイトで日本でいうとミンネの様なサイトです

 

etsyには様々なポリネシアンダンスのサイトがありますので、お好きなところをいろいろさがしてみると良いでしょう。

日本のショップで見るよりもリーズナブルで、個性多岐なデザインの衣装や、パレオなどが選べます。

その時のUSDレートで値段が変わってくるので気をつけてください。

 

・alohaoutlet公式サイト

こちらでは、モレ(タヒチアンのスカート)がお買い得です。

日本のショップの30%ほど安く手に入ります。

送料、関税をショップで負担してくれます。

ヘッドドレスや、ヒップベルトの品揃えはありません。

パレオの種類が充実しています。

 

アロハアウトレットではフラの品揃えはドレス、髪飾り、レイ、パウなどとても充実しています。

申し込んでから、オーダーでなければ1週間〜10日間ぐらいで到着します。

モレは染めてもらったので、うちに配達されるまでに40日間かかりました。

こちらも、アメリカのオンラインショップなので、価格がUSDのレートのよって変動しますので

確認の上、購入してください。

 

・メルカリ

メルカリでもモレが安く出品されていることがあります。

解体して、衣装の材料として使っても良いと思います。

掘り出し物がある時があるので要チェックです。

 

申し込む前に、納期の確認をする

スポンサーリンク


欲しい商品が決まったら、ショップに納期の確認、カラーのオーダーなどをします。
ほとんどのショップで2色〜3色のオリジナルの配色のオーダーを受けてくれます。
私は3/28にオーダーして、6/2のショウに間に合わせたかったので納期の確認をしたらギリギリだったので、急いでくれる様にお願いした上でオーダーを出しました。
7個のヘッドピースを頼んだので、通常は政策に4週間、配達は2−4週間とのことでした。

重さに比例して、送料と関税がかかるので注意!!

せっかく頼むので、他にもパレオなど日本でなさそうなデザインのものも頼んで見ることにしました。
ヘッドドレスX  7 だけだと送料は80USDぐらいです。
貝でできたお花の飾り、 羽根 50本ぐらいも一緒に注文して、
送料は80USDでした。

関税はかかる場合とかからない場合がある

受け取るときに関税がかかる場合とかからない場合があります。
理由は特になく、どの様なときにかかるか、かからないかはその時の運だそうです。
私は今回かかってしまったので送料と同じ80USD=8700を郵便局員さんに支払いました。
到着までにかかった期間はオーダーをしてから50日ほどでした。

 

最終的にヘッドドレスはいくらで輸入できたのか

届いたヘッドドレスはこちらです。
6120円(50USD、ヘッドドレス本体)+2000円(送料、関税)=8120円でした。
比較でもし、もし日本のショップで材料を買ってヘッドドレスを作った場合は
材料費 羽根5000~6000円 + シェル1000円+ ラウハラベルト100円 +その他+200円(フェルト、接着剤など)=6300円
でした。
手間を考えると輸入の価格は妥当かな、と思います。
ただ羽根のクオリティは、日本製に比べると低いです。
もし、購入してみて返品を希望すれば、
Etsyでは返品、交換も受け付けているので時間があればクレームをしても良いかもしれません。
私はショーまでの期間がギリギリだったので、クレームや交換はしていません。
ただし、羽のクオリティは離れて見るぶんにはほとんどわからないので、
値段を考えるとあり、と考えても良いと思います。
もし日本でのオーダーにするともっと価格が上がるので(15000ぐらい)、
予算に応じてそこで買うか、作るか、輸入するかを決めると良いと思いました。
参考にしてみてください。

 

関連記事

スポンサーリンク


石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


タヒチアンダンス 手作り衣装の作り方 【ヒップベルト】 


タヒチアンダンスの衣装はとても華やかです。

羽や、タパという木の皮を染めて割いたもの、ニアウというやしの新芽の繊維などを主に使います。

 

気に入ったものをショップで買うのも良いのですが、自分たちで手作りするとイメージ通りのものが作れます。

衣装のコストを下げれるのも大きな魅力です。

チームのみんなでお揃いのものが作れるので、数が多くても全員分を揃えることができます。

今回はダンスの時の腰の動きを大きく見せるための「ヒップベルト」の作り方を説明します。

スポンサーリンク


タヒチアンダンスのヒップベルトとはどんなもの?

 

下に履いているモレ(タパという木の皮でできたスカート)の上につけている飾りの部分がヒップベルトです。

このヒップベルトは同じくタパを使って、床と垂直になるように固定してあります。

腰を大きく動かすとこのヒップベルトの飾りがパタパタと動き、腰が大きく見えて、ヒップに注目が集まります。

他にも飾りとして羽を足したり、ニアウ(やしの新芽の繊維を乾かしたもの)などを加えることもあります。

たくさん飾りをつけるほど豪華に見え、腰の動きがより大きく見えます。

 

ヒップベルトの作り方

材料 モレ 1着、ラウハラベルト(ウエスト着分)マジックテープ ねじ、ボルト、結束バンド(ホームセンターに売っています)、羽根

 

 

1、ラウハラベルトを骨盤の位置で測る。(パレオをを巻く場所、おへその下、骨盤周り)

 

 

 

 

2、測った長さ+10センチでカットする。

 

 

 

3、裏に当て布をする。 今回はラウハラベルトが太いので当て布を当てるだけだが、ベルトが細い場合は、接着芯を布とラウハラの間に挟んで縫う。

裏をフェルトにするとずれにくいです。

ウエストの位置に合わせてマジックテープをつけます。

腰を動かすとかなりの負荷がかかるので縫いつけたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

4、タッセルを作る。モレを全て、ウエストの紐から外す。

 

5、外したモレを半分の長さに切る。それをさらに半分の長さに折る。最初のモレの長さの1/4になる。

好みでもっと短くしても良い。

結束バンドでまとめて、固定する。(結束バンドは電気コードなどをまとめる紐です。ホームセンターで買えます。)

 

 

6、作りたいタッセルの太さになるように適量を手に取り、上から見ると輪になる様に丸めて、結束バンドで止める。

その少し上を、残りのタパを細く裂いたものか糸で緩まないようにきつく巻く。

 

 

 

7.糸で巻く時に、羽3−4本も一緒に巻いて固定をする。

 

 

 

8、この状態のタッセルを各自必要分作る、

今回は10−12センチに作ったタッセルをを12個使っています。

 

 

 

9、ベルトの裏からキリで穴を開ける。

穴からネジを差し込み、タッセルを立てる様に固定して、中からねじ止めで止める。

この状態でネジと、タッセルを固定します。

 

※この場合はタッセルは長いので私は、バランスを見てネジが4センチのものを使っていますが、

危ないと思われる方は2センチぐらいの短いものを使われることをお勧めします。

 

 

 

10.全部を固定する。

 

 

11, 一番上にふわふわの羽をつける。

この水色のふわふわの羽はダイソーで購入しました

 

 

羽の量を増やすとよりゴージャスな感じになります。

長く切ったモレや、ニアウをつけても踊った時に揺れて素敵です。

12.正面をデコレーションする。

今回は貝のモチーフとタッセルをつけました。

貝はグルーガンで、タッセルは縫い付けています。

タッセルもダイソーです。

 

スポンサーリンク


 

ヒップベルトの材料のモレはどこで買うと良い?

ちなみにモレはこちらで買いました。

 

→aloha outlet 公式ホームページ

ハワイからの直販で日本のオンラインショップで買うより3割ほど安いです。(USDでの決済なので、ドル相場によって値段が変わります)

送料、関税は15000円以上買えば無料でした。

今回の材料は合計で5000円ぐらいでできました。

 

 

このモレで約2人分が作れます。

 

 

他にも100均のペーパーヤーンなどでも作れます。

ペーパーヤーンは軽いので、ネジ止めの必要がないので、そのままベルトに結びつけました。

ちなみにこれはベルトも100均のものを使っています。

 

時間と手間がかかりますが、みんなで集まって話しながら作ると楽しいし、愛着のあるヒップベルトが作れますよ。

自分達で作ったヒップベルトでみんなで踊る満足感は格別ですのでぜひ作ってみてくださいね!

 

 

→ダンサーが全身脱毛するならどこのサロンがいい?

 

スポンサーリンク


 



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


タヒチアンダンスのメイクのポイント《アイメイク編》


タヒチアンダンスのメイクとフラのメイクは、

共通するところもありますが、色使いやラインの引き方など違うところもあります。

 

フラはドレスや花の色に合わせて、色を使っていく場合もありますが、

タヒチアンは黒、ブラウン、濃いめのグレーなどを基調にしたラインがくっきりしたメイクと言えます。

 

タヒチアンダンスのアイメイクの特徴を踏まえて、初心者の方にもわかりやすく説明します。

スポンサーリンク



タヒチアンダンスのアイメイクの特徴

 

 

 

1、彫りが深く見えるように目のくぼんだところに、ダブルラインを入れる

 

2、基本はブラウン基調メイクか、グレイ基調メイク

 

3、目の全体をリキッドアイライナーで囲む囲み目メイク

 

 

 

タヒチアンダンス用のメイクといえばかなり濃いです。

フラのメイクと似ていますが、よりくっきりラインを強調した、可愛いメイクというよりもクールビューティなメイクです。

タヒチアンダンスのアイメイクのプロセス

 

1、まぶたの全体に下地を塗る。クリーム色や、ゴールドパール、シルバーパール、ホワイトなど。

2、まぶたのくぼみの部分にダブルラインを描く。ブロンズや、メタリックグレイなど濃い色で。

3、二重の部分にリキッドアイライナーで太めの線を描く。

4、下まぶたにもアイラインを入れて、全体を囲み目メイクにする。

5、まぶたの真ん中にハイライトで白パールやゴールドパールを入れる。

6、目頭にも、くの字型に5と同じ色を入れる。

7、ビューラーをかけてからマスカラをする。

8、自分の目の大きさに合わせてカットしたつけまつげをつける。

9、アイメイク完成!

 

一重まぶたの人はダブルアイラインをしっかり入れることが、外人顔に近づくコツ!

スポンサーリンク


私は自分用のメイクは海外のインスタのメイク動画なども参考にしています。

今回日本人のメイク動画で良いのがあったのでご紹介しますます。

 

私はもともと濃い目の顔立ちでメイクしても

「あまり変わらないね」

と言われます。

もともと二重の人のアイメイクは、二重のラインを太くするつもりでやればOKです。

 

一重まぶたの人のタヒチアンアイメイク

この動画の製作者の元の顔を見ていただくと、一重まぶたの方がどのように外人メイクをしていくかがとてもよくわかります。

一重の方のショウーメイクのアドバイスは、日本人の動画を参考にしています。

 

半顏メイクなのでとてもわかりやすいです。

 

あとは彫りを深くするためのベース作りをしていくことで扁平な日本人顔でも、ハーフ顔に似せていくことができます。

 

タヒチはフランス領でフランス人とのハーフが多く、色々な国のミックスの方が多いので美人がとても多いと言われています。

 

メイクは1日にしてならず! アイメイクはできるようになるまで毎日練習しよう!

ショーの時のつけまつげやリキッドのアイラインなどが、当日にうまくいかないと気持ちがとてもあせってしまいます。

 

必ずメイクは落ち着いてできるように30分ぐらいの余裕を持って始めましょう。

 

そして、普段より時々はメイクの練習をして、当日に慌てないで良いようにしましょう。

 

タヒチアンメイク、フラメイクで目力をつけたら、現地の人のように自然な表情を目指す

アイメイクができるようになったら、動画などで、

現地のダンサーの自然な表情を真似して見ましょう。

上手なダンサーはメイクが濃くても、とてもキュートで目力があり、セクシーで目が離せないと思います。

すぐにはできないかもしれませんが研究して、真似をすることで現地のダンサーの表情に近づくことができます。

 

関連記事

→フラダンサー、タヒチアンダンサーが舞台で自然な笑顔になる方法は?

 

 

ベースメイク、リップなど全体のタヒチアン、フラのメイクついてはこちらの記事もどうぞ!

 

タヒチアンダンス、フラダンスのメイクのポイントは?【ベースメイク編】

→タヒチアンダンス、フラダンスのメイクのポイントは?【リップ、チーク編

→タヒチアン、フラの時のメイクのポイントは何?

→【まとめ記事】 タヒチアンダンス、フラのメイクのポイント

→フラの時のアイメイクはどのようにしたらいい?

→ダンサーにオススメの脱毛サロンはどこ?

 

スポンサーリンク



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


タヒチアンダンス、フラの時のメイクのポイントは?


 

フラ、タヒチアンダンスのメイクに限らず、

 

ダンス時のメイクというのは5メートル以上離れて見ることがほとんどなので

通常のメイクよりはかなり濃く、メリハリがあります。

 

特に大事なのは、目元のインパクトと彫りの深さを作ることです。

外国の方のメイクが参考になります。

外国のメイク動画をいろいろみてわかったタヒチアン、フラのメイクのコツをお伝えします。

 

スポンサーリンク


タヒチアンダンスのメイクのポイントはメリハリ、目力

 

ステージメイクはかなり離れて見るので、近くで見るとびっくりするぐらい濃いメイクです。

言い換えると至近距離で見るとびっくりするぐらいがステージで見るとちょうどいいメイクなのです

 

ポイント1 アイメイク

 1. リキッドアイラインを濃く、太く引く。

写真を参考に思い切り太く引く。

 

目尻を刎ねあげる。

輪郭を引き、中を塗りつぶすと良い。

 

下まぶたもリキッドアイライナーで囲み目メイクにする。

 

2. アイホールは濃いめのブラウンを塗る。

まぶたの真ん中にハイライトとして明るいシルバーや、ゴールドを塗る。

グリッタかパールのアイシャドウをハイライトにしてもOKです。    

 

3. つけまつげをつける。

マスカラを塗った自まつ毛となじませる。

 

参考記事

・タヒチアンダンスのメイクのポイント、アイメイク編

・フラダンスの時のアイメイクのポイントはどうすればいい?

 

スポンサーリンク



 

タヒチアン、フラのメイクのポイント チーク&ハイライト

チークの位置に注目です。

頬骨の下にブラウン、頬骨の上にハイライトの白です。

鼻筋にもハイライトを入れて、彫りを深くします。

 

タヒチアンダンス、フラのメイクのポイント 【ベースメイク編】

 

ポイント3. アイブロー

アイブローも上の写真が良いので参考にします。

*眉頭をしっかり決める。

*眉山を決める。

*なだらかに最後の眉の終わりを力を抜いて書く。

 

 

ポイント4 リップ

 

赤リップ、またはブラウン系をリップペンシルで縁取りしたあと、

唇を塗りつぶします。

唇の真ん中にハイライト効果として、グロスでツヤを出します。

 

タヒチアンダンス、フラダンスののメイクのポイント【リップ、チーク編  】

 

【まとめ記事】タヒチアンダンス、フラダンスのメイク 総集編

 

まとめ

*タヒチアン、フラのメイクはメリハリです。

*半径5メートル以内ではびっくりするぐらい濃くメイクする。

*特に、アイメイクはがっつり、濃くメイクする。囲み目メイクにする。

*顔のベースメイクはリキッド+パウダーでしっかり目にする。

*ハイライト、シェイディング、チークもしっかり入れる。

*リップはマット赤+グロスでセクシーに。

 

関連記事

→フラダンサー、タヒチアンダンサーが舞台で自然な笑顔になる方法は?

→ダンサーにオススメの脱毛サロンはどこ?

 

スポンサーリンク



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。