ダンスは大人からでも始められる? 大人女性初心者がやって見たいダンス5つ!①


Iaolannna! (タヒチ語でこんにちは!)

5児のママダンサーのTokkoです。

 

春ですね!ダンスを始めてみたい方にオススメは、この4つのダンス

まだまだ寒い日が続きますが、暦の上ではもう春ですね。

春になると、新しいことを始めて見たくなりませんか?

今回は、「大人から始めるダンス」というキーワードで楽しく踊れて、なおかつシェイプアップ効果のありそうなものをご紹介します。


 

ベリーダンス


ベリーダンスは中東発祥と考えられている舞踏の1種。世界で最も古い踊りの一つと言われる。中東では「ラクス・シャルキィ」「バラディ」などと呼ばれる。1893年、米シカゴで開かれたコロンビア世界博覧会で踊られ、この時に「ベリーダンス」と名付けられた。腹部(英語で「ベリー」)を大きく動かすダイナミックな動きが特徴。神秘的でセクシーなオリエントの踊りとして米国で普及した。

出典 ことバンク

お腹の動きが特徴的なベリーダンスですが、胸、ヒップ、腕、頭部、肩と満遍なく動かすので

シェイプアップにはもってこいです。女性らしい動きが多く、セクシーに踊りたい人にオススメです。

煌びやかな衣装も人気の秘訣です。

ベリーダンスは現地では「ふくよかな方がセクシーで魅力的」とされるダンスなので、肉感的な方が

魅力的に見えるダンスです。最初はお腹を出すのが恥ずかしいかもしれませんが、出している方が緊張感もあり、早く引き締まります。

 

フラ


フラハワイ語: hula)はハワイの伝統的な歌舞音曲である。フラにはダンス演奏詠唱歌唱の全てが含まれる。カヒコと呼ばれる古典的なスタイル(古典フラ)と、アウアナと呼ばれる現代的なスタイル(現代フラ)がある。フラは総合芸術であると同時に宗教的な行為でもあり、日本の能楽と同様、単なるダンスや音楽の概念では捉えられないものである。

出典 wikipedia

「世界でもっとも優雅なダンス」と称されるフラ。現代フラ「アウアナ」と古典フラ「カヒコ」は

別物?というぐらいに違った踊りですが、女性らしい曲線的なアウアナと力強く、直線的なカヒコは

それぞれに違った魅力があります。

フラは常に中腰で踊るので、腹筋、背筋、太ももの筋肉が強化されて、姿勢が良くなり日常生活の動作がスムーズになります。音楽はゆっくりな曲が多いので、大人から始めるダンスとしてはかなり始めやすい方だと思います。リズムも4拍子で日本人にもなじみやすいです。

衣装のパウスカート(現地ではパウという)も可愛く、「髪に花を飾りたい」という理由で始められる人も少なくないです。


タヒチアンダンス

タヒチアンダンスの起源はポリネシア人の歴史そのものです。

大昔、ポリネシア人たちはサモアやトンガに移住し、今でいうポリネシア文化の起源をつくりました。

彼らはさらに自由と夢と新天地を求めて太平洋へとカヌーで渡りました。最初にたどり着いたのがタヒチだということです。

そんなポリネシア人たちが生活の中で、神様への祈り、娯楽として踊っていたダンスや歌、戦いを鼓舞する音楽が今のタヒチアンダンスの起源であるといわれています。

 

タヒチアンダンスといえば上の動画のような、ココナツブラ、太鼓の音、藁でできたようなスカート、などの原始的な踊りを想像するのではないでしょうか??

これは「オテア」と言われるジャンルで他にも、フラと似たようなゆっくりとしたダンスもあります。

タヒチアンダンスは腰を早く動かすので、くびれを作るのに最適です。1ヶ月ぐらいで腹筋の縦線が

見えてくる方が多いです。

「こんな動き、ほんとうにできるの?」と思われる方が多いですが、私のクラスでは最年長の方は65歳で、その他にも40代、50代の方も頑張っていらっしゃいます。

年配の方は少し慣れるまでに時間がかかりますが、慣れてくれば若い人たちと一緒に踊れるようになりますよ。

 

参考↓

タヒチアンダンスとフラダンスはどう違う?

ヒップホップ

ヒップホップは時代によって様々なスタイルが存在する。一般的にはヒップホップの文化から発生したダンス、ブレイク(BREAKIN)、ポップ(POP)、ロック(LOCK)等といったジャンルをオールドスクールとした時に、ニュースクールと呼ばれているものが世間一般でいうヒップホップダンス。その中間をミドルスクールとも呼ぶが、これは日本人独自の分け方で、海外ではニュースクールかオールドスクールで分類することが多い。ランニングマン、ロジャーラビット、ロボコップ、ブルックリン、トゥループ等の代表的なステップがある。

出典 ダンスサイトメディアDEW 「ヒップホップとは?」

ヒップホップはこのような男の子っぽいダンススタイルから、e-girlsのようなセクシー路線、はたまたブレイクダンスまで色々なジャンルを含みます。

大人のお稽古ごととしてはブレイクダンスとかは厳しいと思うので、ヒップホップ初心者クラスで

危ない動きのないものを始めるのが良いのではないでしょうか?

 

ヒップホップの魅力は男女で一緒に同じ踊りを踊れるのが魅力的な点だと思うので、お子さんと一緒に親子クラスに入ってみるのも楽しく続けられると思います。

練習着がTシャツと、ジャージのようにあまりお金がかからないのも良いですね。

 

まとめ

全ジャンルのダンスを網羅!というわけにはいきませんが、私が今までトライしたことのあるダンス

について書いてみました。

どのダンスも、簡単な曲から入り、好きな練習着を着て楽しく踊ることで、どんどん上達します。

何かを始めることに遅いということはありません。小さい時からやってみたかったダンス、

大人になってからこれはやってみたいと思ったダンス、ぜひ春から始めてみてくださいね!

 

初心者が、タヒチアンダンス、フラダンスを上達する方法


 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA