ダンス初心者が、独学でダンスを、動画で効率よく学習するためのコツ5つ


こんにちは!

タヒチアンダンサー、とっこです。

今時はダンスに限らず、英会話、ギターいろんなものの動画が充実しているので独学も難しくありません。

少し前までyoutubeなどなかったので便利な時代になったと思いますよね♪

独学におけるちょっとしたコツを掴んでおけば、いろいろなことをある程度のレベルまでは独学でもできるようになります。


1、簡単にできる教材を探す。

 

第1歩目は超簡単なことから始める

例えば、ピアノ、ギター、ダンスなんでも同じだと思うのですが 第1歩目は簡単なことにトライすることにしましょう。

スモールステップとか、ベイビーステップとか言いますが、赤ちゃんの第1歩みたいなイメージです。

 

難しそうなステップや、振り付けにいきなり挑戦するのはかっこよく思うかもしれませんが、簡単な曲に挑戦して1曲を仕上げたほうが最終的には近道です。

エベレストに登る前に周りの低い山で練習したり、霧島や、八ヶ岳など国内の山で練習したりするイメージです。

できた! と感じるたびに脳は脳内麻薬を出す。

 

「できた!」という小さな成功体験をたくさん重ねると、脳の報酬系の回路から、ホルモンが出ます。

これを何回も重ねることでできることが増えると、快楽系のホルモンが出て達成することが気持ちよくなるのです。

そして、自然ともっと難しいことにトライしたくなります。

 

 

2、とにかく1曲を仕上げる。

 

とても簡単な曲を1曲仕上げることで、自分に自信がつきます。

独学の場合は、先生について教えてもらう時に比べてわからないことを調べることに時間を使ってしまう場合があります。

興味があって、もっと続けたいと思う場合は実際に習いに行ったほうがはるかに早く上達することができます。その次に有効なのがスカイプで学ぶなどのwebの個人レッスンです。

 

独学ですることの目的を確認し、(お金をかけたくない、試しにやってみたいなどなら)まずは簡単な動画で1曲を

仕上げることに専念しましょう。

そうすればそれが本当に自分が求めていることなのかどうか、お金をかけずに探すことができます。

 

現代はyoutubeをはじめとする動画を探せばありとあらゆる動画がたくさん出てきます。

贅沢な時代」だと、ホリエモンさんも言っています。

自分の興味を探るためにも大人も、子供ももっとyoutubeを活用すると良いと思います。

 

楽しんでやる

 

当たり前ですが、楽しくないことは続きません。

楽しそうで、簡単そうな動画を見つけたら9割は成功したも同然です。

楽しんで、歌って踊っちゃってくださいね!

まとめ

 

*独学の第1歩は超簡単なことから始める。

*好きな曲から始める。

楽しんでやって見たくださいね!

 

 



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝 
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA