冷え性を改善して、免疫力をアップするためにやるべきこと6つ!


こんにちは、「アラフォーからも外見と内面から健康になり、生活の質を上げ、幸せな人生を送る」、

をポリシーにこのブログを運営していますタヒチアンダンサーのとっこです。

 

今日のテーマは「冷え性を改善して、免疫力もアップする」です。

今年の冬は全国的に寒かったですよね!

私も家の中では、ヒートテックとスパッツの上に普通の服を重ねて、レッグウオーマーをしていました。

「冷えは万病のもと」という言葉がありますが、体温が下がると免疫力が下がり、色々な体調不良の原因になります。

スポンサーリンク



 

現代人の体温は50年間で約1度低下している。

 

昭和32年の日本人の平均体温は36.9度、現代人は35度台後半だそうです。

現在の私たちの感覚だと、36.9度は微熱という感じです。

しかし、体温が1度下がることで免疫力は30パーセント下がると、言われています。

 

免疫力が下がると、どんなことが起きるの?

 

*かぜやインフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症にかかりやすくなる。

*花粉症や、アレルギー性の喘息、アトピー性皮膚炎などは、免疫不全から起こる症状である。

免疫不全とは、自分の免疫で自分を攻撃してしまうことです。

 

免疫って何かわかりやすく教えて!

免疫力とは、外部から体内に侵入しようとする病原菌やウイルスなどから体を守る防衛力のことです。
東洋医学では、胃腸が免疫力に関係していて、、胃腸が冷えると免疫力が低下するとされています。

免疫は体を守るシステムなんですが、この働きにトラブルが起きたのが花粉症や、アトピー性皮膚炎です。

 

スポンサーリンク



では、冷え性の原因は何?

 

筋肉量が少ないことによる血行不良

筋肉が少ないと、体に送る血液の量が少なくなります。

筋肉が少ないと筋肉で生み出すエネルギー量も少なくなります。

男性よりも女性の方が相対的な筋肉の量が少ないので、女性の方が増え症が多いのはこのためです。

逆に筋肉より脂肪の方が多いと、脂肪は温まりにくいので積極的に体を温めないと冷えが慢性化することになります。

 

冷え性を改善する方法

ストレッチをする

末端が冷えることが多いので、手をぶらぶらさせたり、足首を回す、足で、グー、チョキ、パーのジャンケンをする

などの簡単なストレッチでも効果があります。

体が硬い人のためのストレッチ、初心者はどんな動きをすればいい?

お腹を直接的に温める

腹巻、カイロ、などでお腹を温めることで全身に血液が回りやすくなります。ヒートテックなどの機能性肌着も積極的に活用しましょう。

体を温める食べ物、飲み物を積極的に取ることを心がける。

冷たい飲み物などは冷えているときは禁物です。温かい食べ物や、体を温めるもの、生姜、鶏肉、卵、大豆、根菜類、魚類、などを積極的にとりましょう。

タンパク質は筋肉を作る材料にもなり、筋肉が増えると冷え性は改善するのでタンパク質はしっかりとりましょう。

 

 

有酸素運動(ダンス、ジョギング、ウオーキングなど)

筋肉を使うと血行が促進されるので、日常的に体を動かす習慣をつけることが大切です。

ダンスは好きな音楽に合わせて体を動かすとあっという間に時間が経つのでオススメですが、ジョギングにもうまく音楽を活用して、毎日の生活の中で習慣化できるようにしましょう。

ダンスは大人からでも始められる! 初心者にオススメのダンスはこれ!

 

お風呂にしっかり入る

地う、シャワーで済ませがちな時もあると思いますが、冷えているときはしっかりお風呂に浸かり、

全身から温めましょう。38度ぐらいのお湯にゆっくり20分ほど浸かるのがオススメです。

暑すぎるお湯だとゆっくりつかれません。

 

筋トレ

筋肉量が少ないと血行不良が起こり、冷えを招きます。筋肉を鍛えるには、筋力トレです。

特におすすめはスクワットです。
また、筋肉量を増やすには、運動するのが大事です。

  スクワット、効果のあるやり方で全身痩せを狙う!

 

 まとめ

*冷え性の原因は、筋肉不足、ストレス。

*冷え性は免疫不全を招き、アトピーや花粉症につながる。

*アトピーや花粉症を治すためには、体温を上げることが重要。

*体温を上げるために有効なのは、筋トレ、スクワット、体を温める食べ物を摂る、冷たいものを取らない、

有酸素運動。

 

暖かくはなってきていますが、まだまだ寒い日もあります。

気を抜かず冷え対策をしっかりすることで、病気にならない健康な体で快適な人生を過ごすことができますよ。

 

スポンサーリンク



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA