股関節の筋肉を柔らかくして鍛える,ストレッチの方法は?


立つ、歩く、走る、階段の上り下り、ジャンプするなどの日常の下半身の動作の中心となるのが実は股関節です。

ですがきちんと使えている人は実はほとんどいません。

座っている時間が長かったり、運動不足だったりすると股関節を使わなくなってくるので、ますます股関節周りの筋肉が弱くなって力が入らないようになってしまいます。

ストレッチだけで,弱くなった股関節を柔らかくしようとすると怪我をしてしまう可能性があります。

ストレッチをしながら、股関節を鍛える方法を紹介します。

スポンサーリンク


股関節は下半身の動きの中心

股関節は下半身の動きの中心、肩甲骨は上半身の動きの中心を司ります。

股関節は骨盤とつながっていて、骨盤は上半身とつながっています。

ですので、骨盤が上半身と下半身をつないでいる土台になります。

骨盤を支えているのが股関節とその周りの筋肉です

ここが歪んでいるかいないが全身のスタイルを決めることになるのです。

 

股関節周りの筋肉が弱ってくると骨盤が後ろに傾きます。するとその傾きに連動して背中が丸く猫背になり、肩こりを引き起こします。

逆に、前に傾くと腰痛を引き起こしてしまいます。

 

参考記事

肩こりをストレッチで解消!肩甲骨と股関節を伸ばして改善する

股関節はストレッチするだけでは強くならない。

よく、股関節をストレッチするべきとか、柔らかくしたいとの声は聞きますが、ストレッチするだけでは股関節の筋肉が鍛えられたり

強くなるわけではないと理解すべきでしょう。

 

股関節に限らず筋肉は年々使わなければ細く弱くなっていくので、どれだけストレッチしても筋肉は鍛えない限り細く弱いままです。

 

ストレッチより先に股関節に悩みがある人、腰痛、肩こり等の悩みがある人は体の基礎部分である股関節を鍛えたほうがいいです。

人間の体は股関節が骨盤を支え、骨盤で上半身を支えているという構造だからです。

ここをしっかり動かせるようになると、日常生活を送ったり、歩いたりするだけでも体が鍛えられていくことになります。

 

股関節が正しい位置にある姿勢のポイントは?

 

 

左の姿勢は骨盤が後ろに倒れている姿勢です。

股関節が骨盤を支えきれずお尻が出てて、背中もまっすぐにならず猫背になります。

首が和えに倒れ方は丸くなっているので肩こりになります。

 

右の姿勢は股関節が骨盤をまっすぐに支えています。

上半身を支える骨盤がまっすぐなのでその上の背骨もまっすぐで、腰痛、肩こりにもなりません。

肩甲骨と骨盤が正しい位置にあると、背中からお尻にかけてゆるやかなS字カーヴを描きます。

 

スポンサーリンク


股関節を鍛えるエクササイズ ①

1、横になり軽くくの字に両ひざを曲げます。

この時にかかと、骨盤、肩甲骨、耳が一直線上にくるようにします。

 

2、曲げた足の上にくる足をまっすぐに伸ばします。

 

3、そのままの状態で足をできるだけ高くあげます。

余裕だなと思う人はゴムバンドで負荷をかけてください。

 

20セットX1日3回を目標に頑張りましょう!

 

 

私はこちらのゴムバンドの黄色を愛用しています。

黒、赤、青、緑、黄色の順に負荷が強くなりますのでお好みの強さの負荷をかけてください。

ゴムバンドをするのとしないのでは効果が全然違います!

 

股関節を鍛えるエクササイズ ②

1、両足をくの字に曲げます。この時に腰が反ったり、曲がったりしないようにします。

そのために腰に手を置くか壁に腰をくっつけます。

 

2、ゴムバンドを太ももにつけた状態で足の裏を合わせます。

 

3、その状態で足の裏を合わせたままでひざを90度以上開いていきます。

20回X1日3セットを頑張りましょう!

 

慣れてきたらゴムバンドの強度で負荷を強くするか、回数を30回まで増やします。

 

この運動では股関節を鍛えるとともにヒップも鍛えることができます。

ヒップが鍛えられるとウエストも細くなります。

まとめ

・股関節, 骨盤、肩甲骨は体の中心で、股関節は体を支える土台のようなもの。

骨盤が家や、鉄筋の建物で股関節が基礎の部分というイメージです。

 

・股関節はストレッチだけだと弱い筋肉を伸ばしているだけ。

質の良い、柔らかくて丈夫な股関節にしたければトレーニングが必須です。

 

・股関節を鍛えるとヒップも鍛えられる。

 

頑張って股関節を鍛えることでメリットはたくさんありますので、頑張ってエクササイズしていきましょう!

 

スポンサーリンク



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝 
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA