肩こりをストレッチで解消!肩甲骨と股関節を伸ばして改善する


パソコンやスマホを使うことが多い現代は巻き肩になっている人がほとんどです。

猫背姿勢になっていて、どんどん胸が垂れていき、腕は太くなり、背中は丸くなっていってしまいます。

そして、疲れが肩、首、目にたまっていきます。 肩こりはITが普及する前よりも悪化、複雑化しています。

肩こりの原因の猫背の姿勢は、肩甲骨のほかに骨盤の歪みからくる股関節の歪みに関係があります。

骨盤が後ろに傾いてしまっているのでお尻の穴が緩み、お尻がどんどん垂れていき、骨盤が背骨をまっすぐに支えられなくなるのです。 そして、股関節も正しく機能しなくなってしまいます。

歪みがひどくなると正しい姿勢に戻るまでに時間がかかります。 正しいストレッチと姿勢を心がけることでつらい肩こりにさよならしましょう。

スポンサーリンク

なぜ、股関節が歪むと肩こりになるの?

 

健康的で、美しい姿勢を考えるときに大事なのが股関節と肩甲骨です。 肩こり、腰痛のこのどちらも股関節と肩甲骨の歪みからきています。   昔、人間がまだ四足歩行で四つん這いで歩いでいた頃、肩甲骨の山とお尻は同じ役割をしていました。

その後、二足歩行になり二本足で歩くのですが、体のつくりが変わったわけではないのでお尻と肩甲骨がうまく機能していないと 体のゆがみにつながってしまいます。 その結果、肩こりや腰痛になってしまうのです。

正しい姿勢とは骨盤と、肩甲骨が一直線上にある

 骨盤、肩、耳が一直線になっている正しい姿勢と、ゆがんでいる姿勢

中央は、もう少し詳しく説明すると、正しい姿勢とは 骨盤の大転子、ひじ、肩、耳が一直線上にある姿勢です。

左の姿勢では骨盤が後傾していて、お尻が出ていて腹筋に力が入っていない状態です。 背中が丸くなり、肩が巻き肩になり、首が前に出ています。 この姿勢は肩こりを増悪してしまう姿勢です。

右の図は骨盤が前傾していて、反り腰になっています。 このままでは体のバランスを崩し、腰痛になってしまう確率が高くなります。

なぜ股関節と肩こりが関係あるのか?

 

骨盤は、上半身をささえる土台ですが、それを支えているのが股関節とその周りの筋肉です。

これらの筋肉が弱ってくると骨盤が後ろに傾きます。(うえの図の右の姿勢) すると、連動して背中は丸く猫背になり、肩こりを引き起こします。   左の図では反り腰になっていて、腹筋と肛門に力が入っていない状態です。

これを骨盤が後傾している状態といいます。 この場合は腰に負担がかかりすぎて腰痛を引き起こします。

スポンサーリンク

肩こりを緩和させるためには、股関節と肩甲骨を正しく連動させる。

肩こりや腰痛にならないようにするには肩甲骨と股関節が正しく連動するように、機能させることが大切です。

肩甲骨は背中の中心に寄せると 胸をしっかりと広げる動きができるようになります。 バストの位置も上がりいいことずくめです。

股関節は骨盤位置を正しくし、柔軟性を持ってスムーズに動かせるようにします正しい骨盤

の位置はやや前傾している状態です。

お尻もキュッと上がっています。 このような姿勢が取れるようになると、自然に腹筋に力が入り鍛えられます。

代謝もアップし、肩こり、腰痛が緩和されます。

 

関連記事 ・股関節を柔らかくするストレッチは効果絶大

肩こりは肩を回すだけでは取れません

肩こりを感じた時に、よくする動きに肩回しがあります。 肩を外回し、打ち回しに動かす動きです。

しかしこれは大抵の人が腕を回しているだけで意識的に肩甲骨を動かしていない場合は肩こりへの効果があまりありません

肩こりは、背中の筋肉をバネに例えると、長時間バネを伸ばしたような状態で体を固定していることになります

肩や肩甲骨周りが緊張して、こわばった状態が続くと、中を通る血管がつまって肩周りの血流が悪くなってしまいます。

肩甲骨をしっかりと動かし、バネである筋肉を本来の大威力的で柔らかい状態に戻すことで肩こりは解消されます。

気付いた時に肩甲骨を寄せる、これだけで肩周りが楽に動くようになり、背中が美しくなる

 

巻き肩も、骨盤の歪みも日常の生活からだんだんと癖になっていったことです。

気づいた時に肩甲骨をぎゅっと寄せるう動きでだんだんと、巻き肩や肩こりがよくなってきます。

気づいた時には1日に10回以上する、というのがポイントです。

肩甲骨を寄せると、自然にまっすぐな姿勢になり骨盤も正しい位置に安定していきます。

まとめ

・肩甲骨、骨盤、股関節は体の中心なので、どこかは歪むと全身が歪む

・その中でも一番の体の中心は骨盤。骨盤を起こすことで、姿勢が良くなり肩こり、腰痛が軽減される。

・腕を回すだけでは、肩こりは良くならない。

肩を動かす根本となる肩甲骨を寄せることで正しい姿勢を体と脳にインプットすることができる。

 

関連記事

・肩甲骨を動かすと痩せる!ダイエット、バストアップ、肩こり解消にも効果あり!

・股関節を柔らかくするストレッチは効果絶大

・股関節のストレッチで柔軟性を高め、姿勢をよくする

 

スポンサーリンク


石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝 
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA