フラダンスのバストアップ効果、健康的に胸を大きくするポイントは?


フラダンスでバストアップする?

答えはイエスです。

姿勢をまっすぐにすることで大胸筋が鍛えられバストアップする、

くびれができて、ウエストが細くなり結果的に胸が大きく見える、

骨盤が整い、女性ホルモンが分泌され、胸が大きくなる

などの嬉しい効果が満載です。

スポンサーリンク

なぜ、フラダンスでバストアップするの?

基本の姿勢を保つことで、本来あるべき女性らしい体型になる

 

フラダンスの基本姿勢は骨盤の上にまっすぐ体を載せるので、

本来のあるべき骨格の位置に体を戻してくれます。

 

左は猫背になっていて、骨盤から前に曲がっています。

この姿勢では胸が垂れてしまっても仕方ありません。

ですが、現代では左の猫背姿勢が本当に多いです。

理由はスマホを使うときに猫背、巻き肩になってしまうからです。

良い姿勢を日頃からキープできると、胸が開き、肩甲骨が閉じ、

胸が上を向きます。

関連記事

→タヒチアンダンス、フラの基本姿勢診断 あなたは反り腰or猫背?

フラダンス、優雅な手の動きのためには肩を下げて、胸を開く!

ウエストが細くなり、 相対的に胸が大きく見える

フラダンスは基本的に腰がいつも動いているダンスなので、くびれ作りが得意です。

前後、左右にまんべんなく動かすので、腹筋、腹斜筋、体感(インナーマッスル)

背筋、骨盤底筋、お尻の筋肉、股関節の筋肉をバランスよく鍛えることができます。

ウエストを細くするのが得意なフラダンスですが、

ウエストが細くなることでバストも大きく見えるという嬉しい効果もあります。

 

関連記事

→夏までに簡単に、タヒチアンダンス、フラでくびれを作る方法

スポンサーリンク

 

骨盤矯正効果でウエストが細くなり、女性ホルモンの分泌がアップ

体を支える中心、土台となるのは骨盤です。

骨盤を支えるのは股関節です。

フラダンスでは骨盤を前後左右に揺らし、動かし続けるので、

骨盤の歪みを取る効果があります。

骨盤を動かすために、骨盤を支える股関節も鍛えられます。

 

骨盤が整うことで女性ホルモンの分泌が活発になり、

女性ホルモンの影響で女性らしい体型になり、胸の膨らみも大きくなります。

 

大胸筋が鍛えられ胸の位置が高くなることとの相乗効果で、

胸が1−2カップは大きくなった印象になります。(個人差があります)

 

リラックス効果で胸が大きくなる

 

胸を大きくする女性ホルモンは緊張したり、興奮状態にあると出にくいです。

リラックスして副交感神経が優勢な状態では多く出るようになります。

 

フラダンスはゆったりとしたハワイ音楽に乗せて踊るので

楽しみながら知らず識らずのうちにバストアップするだけでなく、

女性らしい体作りが叶います。

 

フラダンスの最強バストアップのポーズはこれ

肩を下げて、両手を胸の前にの前に揃えることで

大胸筋が鍛えられます。

この姿勢で基本ステップをするときついのですが

背筋、大胸筋といったバストアップに関係のある筋肉が鍛えられます。

 

まとめ

・フラダンスのバストアップ効果の理由は4つ、

・大胸筋がきたえられることによるバストアップ

・ウエストにくびれができるので視覚効果で胸が大きく見える

・フラダンスの骨盤矯正効果による女性ホルモンの増加によるバストアップ

・フラダンスのリラックス効果による女性ホルモンの増加によるバストアップ効果

 

フラダンスで女性らしいバストを目指しましょう!

 

スポンサーリンク



 

 

 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA