フラダンス、タヒチアンダンスでオススメのつけまつげは?


フラ、タヒチアンダンスの舞台で必ず必要なもの、

色々ありますが私は衣装の次はつけまつげです!

どれだけマスカラを塗ろうが、アイシャドウを濃くしようが、アイラインを太くしようが、

つけまつげのない顔は平坦で奥行きがありません。

舞台の上では横顔や斜めからもみられるので顔の奥行きがすごく大事なのです。

とても急いでいるのにつけまつげを忘れてきた!

などのアクシデントがあるときは100均のつけまつげを使うときもありますが、

舞台用を使うと目がぱっちり、大きく見える効果が計算されているし、

離れてみたときに大きく見えるのがちょうど良いのでオススメです。

(舞台用を普段使いすると目がぱっちりしすぎてびっくりされます)

 

スポンサーリンク



 

フラダンサー、タヒチアンダンサーのオススメのつけまつげ

d

 

 

 

三善はバサバサまつ毛が欲しい方や、大きな舞台の時にオススメ

三善は舞台用化粧品の歴史がある会社です。

舞台専用のメーカーなので大きい舞台でも映えるような濃いつけまつげも揃っています。

大会や、発表会などの大きい舞台での出演の時に華やかなはっきりした顔にしてくれます。

タヒチアンのモレ&大きいヘッドの時も顔が負けないです。

 

最もまつげの密度が濃いタイプのつけまつげです。

どちらかというとフラよりもタヒチアンの時にオススメです。

フラよりもタヒチアンの方が一般的に衣装が派手なので、メイクも派手にしないと衣装に負けてしまいます。

 

 

上のつけまつげよりも、濃さより長さを重視したタイプです。

はっきりしているけど上品なまつ毛になります。

フラにも、タヒチアンにもオススメです。

 

 

チャコットは洗練されていて、自然なまつ毛になれる

チャコットはバレエのメーカーで、三善よりはナチュラルなつけまつげが多いです。

そんなにばさっとしたくない方や、そんなに広くない会場で踊る時、カジュアルなパーティなどで踊る時のメイクの時にオススメです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【チャコット 公式(chacott)】アイラッシュ A
価格:1296円(税込、送料別) (2018/9/14時点)

 

カーブがしなやかで、どんな目の人にも会います。

長さがあるけど、とても濃くはないので自然な目元に仕上がる、

オールマイティなタイプのつけまつげです。

 

上のつけまつげよりもさらにボリュームが抑えめの使いやすいタイプです。

こちらも小さい会場でも不自然にならず使いやすいタイプです。

ばさっとしたつけまつげはちょっと、という方にもオススメです。

 

スポンサーリンク



初心者も上手につけられるつけまつげのつけ方

つけまつげは慣れないと上手につけられません。
ステージ本番当日になって「上手につけられないー!」
と焦ると、ショーのステージでも焦りが出て実力を発揮できず、一緒に踊るチームメイトにも
迷惑をかけてしまうかもしれません。
当日までに練習して、さらっとつけれるようになっておきましょう。

手鏡ではなく、両手が空く置き鏡を用意しましょう。

角度調整ができるタイプのものだと、自まつ毛の根元がしっかり見えるのでとても便利です。

つけまつげをつける前に準備するもの、こと

 

用意するものは、つけまつげ、はさみ、置くタイプの鏡、筆タイプのノリです。

 

 

1、つけまつげを台紙から剥がし、付いているのりをそっととる。

2、つけまつげに目の形に沿って、カーブをつける。

買ったばかりのつけまつげは箱に入っているので実際の目のカーブよりも平らです。

目のカーブに合わせて、つけまつげを立体的にな形にしていきます。

 

3つけまつげを目の幅に合わせてカットする。つけまつげは黒目の内側~目尻から1~2ミリはみ出る長さを目安にカットします。

目頭部分につけまつげが当たるとチクチクしするので、必ず当たらないようにカットしましょう。

目頭部分をカットするとかの長さが不自然になりやすくなるので、目尻側からカットしましょう。

 

いよいよ、つけまつげをつけていきましょう

 

 

1、アイメイクはつけまつげをつける前に済ませておきます。

ビューラーでしっかりまつげをあげ、マスカラを塗り、アイシャドウやアイライナーも全て終わらせておきます。

5、つけまつげの上側の淵に糊をつけます。

ここにつけると、目がぱっちりする位置でつけまつげがつけられます。

6、伏せ目になるようにして、つけまつげをつけます。

7、目元の中央部分、目頭、目尻の順で自まつ毛の上から、まつ毛生え際ぎりぎりの位置につけまつげを乗せていきます。

8、手でつけまつげを押さえて、角度を調整していく。

9、まつ毛用コームや、透明マスカラでつけまつげと自まつ毛をなじませるように溶かせば出来上がりです。

 

まとめ

 

・フラダンサー、タヒチアンダンサーにオススメの舞台用つけまつげは、

大きい舞台でしっかりメイクをする場合は三善、自然な仕上がりにしたいならチャコットがオススメ

 

・つけまつげを早く上手につけれるようになるまでには練習が必要。

本番までに上手にできるように練習しておく。

 

・初心者のつけまつげ用のりは筆タイプが良い、チューブよりも使いやすい。

 

ぱっちり二重メイクでステージで華になりましょう!

 

関連記事

→フラダンスの時のアイメイクはどんな風にすればいい?

タヒチアンダンスの時のメイクのポイント、アイメイク編

→タヒチアンダンス、フラダンスのメイクまとめ

 

スポンサーリンク


ほうれい線

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA