骨盤の歪みをとって、女性特有の悩み、尿もれを改善する!


こんにちは!

タヒチアンダンサーのとっこです。

先日、私のダンス教室のレッスンで骨盤のお悩みを聞いたので、骨盤について書いてみました。

女性の下半身の悩みのほとんどは体の中心に体の中心である骨盤に関係あります。
スポンサーリンク

 

女性の多くは骨盤の歪みを感じている

 

垂れ尻、下腹部のポッコリ、下半身のたるみ、腰痛、冷え、尿もれ、生理痛、肩こり

これらは全て骨盤の歪みからくる不調です。

 

腰という感じは、「月へんに要」と書きます。

(月は体のことを指します)

つまり体の中心だということです。

たくさんの筋肉が骨盤につながっていて、立つ、歩く、座ると言った日常の基本的な動作に関係しています。

立ち方、歩き方に人それぞれの癖が癖があり、楽な動きをしようとするので使わない筋肉はどんどん衰えていきます。

 

 

出産で、骨盤底筋がダメージを受けることで、8割の女性が尿もれを訴えている

 

経膣分娩では膣から赤ちゃんが出てくるときに骨盤底筋が大きく引き伸ばされます。

その結果、骨盤底筋がダメージを受けて、約8割の女性が出産後の尿もれを訴えています。

実際私も、普段からタヒチアンダンスや筋トレで、骨盤周りを鍛えているのにもかかわらず出産後には尿もれのトラブルがありました。

1−2ヶ月は尿もれがありましたが、その後ダンスを続けることや骨盤のトレーニングでだんだんと尿もれの悩みは無くなりました。

通常、運動の習慣がない人でも約3ヶ月で効果が出てきます。


骨盤底筋の基本のトレーニング

 

*動画中の、月経血コントロールエクササイズと、骨盤底筋トレーニングは同じものです。

 

肛門から膣に意識を集中して、お尻を思いっきり閉め、膣、尿道を意識して閉めます。

5−10秒間キープして、お腹に力を入れたままで呼吸を止めずに続けます。

緩めて同じ時間休みます。

骨盤底筋の中でも特に重要なのが、尿道や、膣、肛門をぐるりと囲む筋肉です

。膣を締めるイメージがわかりにくければ、肛門を締めるイメージでやってみてください。

一日2−3セットやってみましょう。

椅子に座ってもできるし、あぐらをかいた状態でもできますよ。

 

スクワットも尿もれが改善する

 

今、アメリカではスクワットで尿もれが改善すると話題になっています。

スクワットはいろんな効果があるのですが、お尻の筋肉を鍛えるので連動している骨盤底筋にも効果があると考えられています。

スクワット、効果のあるやり方で全身痩せを狙う!

 

まとめ

尿もれの原因は、体の動かし方の偏りによる骨盤の歪み

出産で、全体の80パーセントが尿もれを経験

骨盤底筋トレーニングを3ヶ月続けることで尿もれが改善

スクワットも尿もれに効果あり

女性は一生骨盤底筋とのお付き合いがあります。

今から鍛えていくことで、快適な一生を過ごしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝 
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA