【まとめ記事】タヒチアンダンスの衣装の作り方、輸入の仕方


タヒチアンダンス衣装の作り方、輸入の仕方のまとめ記事です。

作れるところは作ってみるととてもコストダウンできるのでお勧めです。

もしくは同じ予算なら、羽を増やしたりでとてもゴージャスなものを作れます。

 

ダンサーの数が多い場合でも揃えやすいです。

子供の衣装も作れますし、親子でお揃いなども可愛いと思います。

と、良いことづくめです。

自分で手作りした衣装なら愛着もわきますね。

 

スポンサーリンク


 

タヒチアンダンス衣装に関する記事まとめ

 

【タヒチアンダンス 手作り衣装の作り方】 ヘッドドレス

 

タヒチアンダンス 手作り衣装の作り方 【ヒップベルト】

 

タヒチアンダンスの衣装の材料はどんなものを使う?

 

タヒチアンダンス、フラの衣装は手作り、個人輸入どちらが安い?

 

 

スポンサーリンク


 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝 
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA