40代までの妊活成功のためにできることは?食事は?初産や2人目は?


こんにちは!

5児の母で、タヒチアンダンサーのとっこです。

私は始めたの妊娠は27歳から以降2−3人おきに五回の妊娠、最後の妊娠は39歳でした。

12年間で妊娠6回の経験から、40歳までの妊活でやったことがいいこと、やめたほうがいいこと、食べたほうがいいものなどを

書いていきます。

 

スポンサーリンク



 まずお伝えしたいこと、妊活は1歳でも早いほうが良い!

そのうちに」

「タイミングが来たら。。。」

「できるときに。。。」

「まだ1人目が小さいので」

 

と思っている方たちは、要注意です!

タイミングというのはいつ来るかわからないし、そもそもいつ来ても良いように準備をしておくものです。

私は、不妊治療などは受けたことがなく、自然に任せた状態で5人を妊娠、出産しましたが。

普段より気をつけていたことをお伝えします。

自分の体に気をつけていた結果、5回妊娠したという感じでした。(正確には6回妊娠、1回流産です。)

明らかに医師の治療を必要とするような婦人科系の不全や、男性不妊の場合は産婦人科での受診をお勧めします。

 

妊娠力=女性としての健康な身体を持っていること

 

 

20歳位の時はあっさりできたことも、30代、40代になるにつれより努力が必要になります。

 

「結婚が遅かった」

「旦那さんが欲しがらない」

「子供が小さくて、2人目を作る気になれない」

 

色々理由があると思いますが、

 

妊娠力=女性としての健康な体を持っていることです。

そして、体と心は密接につながっているので

健全な心でいること、は健全な身体と同じくらいに大事です。

 

そして、できれば40代に入ってから慌てるのではなく20代、30代前半のうちから「赤ちゃんを産む」ことを想定して、

そのためにどうあるべきかを考えて生活していただきたいです。

 

不規則な生活、夜更かし、ジャンクフード、ストレスの多い生活は妊娠力以前に体を壊してしまう可能性が大きいです。

 

 

妊活にオススメの食べ物、食べ方

温かい食べ物を食べる

妊娠においてだけではなく、女性にとって冷えは大敵です!

子宮を活性化するためには、常にお腹周りを暖かくしておくことです。

冷たいジュース、アイスクリームなどはほどほどに、飲み物は温かいものか夏でも常温のものを飲みましょう。

 

 

体を温めるものを食べる

体を温めるものは、

 

肉、魚などのタンパク質類、

ご飯

根菜類(人参、大根、ごぼうなど)

みそ、しょうゆ

 

体を冷やすもの

お菓子

フルーツ(特に、夏に取れるものスイカや、なし、ぶどう、マンゴーなど)

小麦粉で作られたもの(パン、うどん、スイーツなど)

砂糖

 

などです。

つまり、

体を温めるものは伝統的な和食のイメージ

体を冷やすものは洋食のイメージです。(うどんは和食ですが)

 

特に市販のものは添加物が多いです。

パンにはトランス脂肪酸など海外では禁止されているものも入っていることがあります。

トランス脂肪酸フリーのものを選びましょう。

 

市販のものゼロは現代は難しいと思いますが、市販のものの原材料名をチェックすることで添加物を体に入れる量を減らすことができます。

日本人の添加物摂取量は世界1で、年間1人平均4キロというデータもあります。

 

妊活中にやったらいいこと

スポンサーリンク


h3>適度な運動をして、筋肉をつけて基礎体温を上げる

運動をすることで筋肉がつき、その結果体温が上がります。

筋肉が少ないと低体温になります。

 

これはダイエットの記事ですが、体温を上げるところを読んでみてください。

→女性がダイエットのためにダンスと筋トレをどんな頻度ですればいい

 

ストレスを溜めない

ストレスを溜めないことは非常に大事です。

ストレスがたまると、抵抗力や、免疫力が下がって妊娠しにくくなってしまいます。

 

好きなことをする、リラックスをすることで体の機能を正常に保てるようにしましょう。

疲れや、睡眠不足はストレスが溜まり、体の機能不全の原因になります。

こまめな昼寝は疲れを取り除くことに効果的です。

 

昼寝のススメ!大人女性のための春のお昼寝講座

 

 

まとめ

*妊活は20代から始めるつもりで! 1歳でも若い方が良い。

*健康的な生活と妊活はだいたい同じ意味

*体を温めるものを食べる

*ジャンクフードは食べない

*筋トレや運動で筋肉をつけて基礎体温を上げる。

*リラックスして、ストレスを溜めない。

 

規則正しい生活は、健康になり、健康な体が妊娠につながります!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA