スクワット、効果のあるやり方で全身痩せを狙う!


 

スクワットをすると足が太くなりそうだと思う方もいると思います。

実は、スクワットはぽっこりお腹にも、体重ダウンにも,全身の引き締めにも体の様々なお悩みに効くのです。

スクワットは下半身だけのトレーニングに思われがちですが、背中や腹筋をはじめ、腕の筋肉まで全身を鍛えるトレーニングです。

正しくやることで引き締まったボディラインと、全身痩せを手に入れることができます。

 

スポンサーリンク



スクワットをすると、全身やせ、太もも痩せの他にもこんな効果が!

スクワットの効果1、冷えにくくなり、女性特有の不調が解消

下半身の血流が良くなり冷え性が改善される。

それにより女性特有の不調、生理不順、不妊などの問題も解決することが多いです。

スクワットの効果2、疲れにくくなる、むくみが取れる

 

下半身を鍛えることで、むくみが取れ代謝が良くなります。

その結果、足やウエストが細くなったり、肌が綺麗になったりします。

スクワットの効果3、全身が引き締まる、痩せる

 

太ももの筋肉は体の中でも大きく、エネルギーもたくさん消費するので痩せ体質になります。

全身が引き締まります。

太ももの筋肉を鍛えることで脂肪が減り、代謝が良くなりむくみが解消します。

スクワットの効果4、家でも簡単にできる

ジムに行かなくても、家でも外出先でもできるし、道具もいりません。

家での隙間時間、仕事の休憩時間、家事の合間にすることができます。

時間も、短いのをセット数を多くすることで同じ効果を得ることができます。

スクワットの効果5、よく寝れるようになる

自律神経のリズムが整い、夜ぐっすり眠れるようになります。

ストレスが減ります。

と、ストレッチには、こんなにいいことがたくさんあるんです!

 

女性の筋肉は下半身に全体の70パーセントが集まっている

 

全身の筋肉のうち、7割が、太もも、お尻、ふくらはぎに集中しているが、肩周りや、腕などの上半身の筋肉は、わずか15パーセントと少ない。

下半身の筋肉が衰えるとたちまち太りやすい体になってしまいます。

ちなみに残りの15パーセントは体幹(インナーマッスル)です。

 

関連記事

→足首が太い原因は骨格の歪み! 足首を細くする方法は?

 

 

スクワットをするのは1週間のうち3日間だけ、間を一日開ける

 

筋トレのあとダメージを受けた筋肉は回復しようとして、その際筋トレをする以前よりさらに強い筋肉を作り出す、この筋肉の回復を超回復といいます。

この超回復は筋肉を休めることで行われます。なので筋トレをしたあとは必ず筋肉を休ませることが必要です。

最も回復の早い筋肉は腹筋で、約24時間で回復し、そのほかの部位も約48時間で筋肉は回復します。

つまり三日に1回行えばよいのです。

スクワットをしないときは、ダンス、ラン、ウオーキング、ヨガなどの有酸素運動を行うとより効果があります。

 

関連記事

女性がダイエットをするためには、ダンスと筋トレはどんな頻度で行えばいい?

 

スポンサーリンク



基本の正しいスクワットのやり方

 

ゆっくりとカウントしながら腰を落とす

ポイントは、腰を落とすときに『1、2……7、8』とカウントしながらゆっくりと動かすことです。ゆっくりと腰を落とすことで普段は鍛えていない筋肉に働きかけることができます

 実施する回数の目安

自分がきついとおもう、限界からプラス1回を頑張るのを目標にします。

10回X2セットぐらいが最初の目標としてはよいと思います。

 

膝を床と平行になるまで曲げる、そこでキープする

太ももと腹筋がプルプルするところで2秒ぐらいキープします。

 

体は伸ばしきらない

まっすぐにはならないところで、つまり伸びきらないところで折り返してしゃがみ始めます。筋肉が緩まず終わるまで緊張させ続けるためです。

 

スクワットメニューの1週間メニューの1例

 

月曜日 スクワット、ストレッチ

火曜日 有酸素運動(ダンス)、ストレッチ

水曜日 スクワット、ストレッチ

木曜日 ストレッチ

金曜日 スクワット、ストレッチ

土曜日 有酸素運動(ダンス)、ストレッチ

日曜日 ストレッチ

 

スクワットは週に3回で大丈夫です。

 

女性がダイエットをするためには、ダンスと筋トレはどんな頻度で行えばいい?

 

まとめ

 

*スクワットは全身痩せに効果がある

*スクワットは週に3回でスクワットは週に3回、正しいやり方でやる。

*限界を超えると筋肉が作られるので、きついと思ってマラの1−2回を頑張る。

*目標10回X2セット

 

コツコツ頑張るのがいちばんの近道です。

頑張りましょう!

 

関連記事

足首が太い原因は骨格の歪み! 足首を細くする方法は?

→股関節を柔らかくするストレッチは、全身に効果絶大!

→股関節のストレッチで、柔軟性を高め姿勢をよくする

 

スポンサーリンク


 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA