タヒチアンダンス、フラの時のメイクのポイントは?


 

フラ、タヒチアンダンスのメイクに限らず、

 

ダンス時のメイクというのは5メートル以上離れて見ることがほとんどなので

通常のメイクよりはかなり濃く、メリハリがあります。

 

特に大事なのは、目元のインパクトと彫りの深さを作ることです。

外国の方のメイクが参考になります。

外国のメイク動画をいろいろみてわかったタヒチアン、フラのメイクのコツをお伝えします。

 

スポンサーリンク


タヒチアンダンスのメイクのポイントはメリハリ、目力

 

ステージメイクはかなり離れて見るので、近くで見るとびっくりするぐらい濃いメイクです。

言い換えると至近距離で見るとびっくりするぐらいがステージで見るとちょうどいいメイクなのです

 

ポイント1 アイメイク

 1. リキッドアイラインを濃く、太く引く。

写真を参考に思い切り太く引く。

 

目尻を刎ねあげる。

輪郭を引き、中を塗りつぶすと良い。

 

下まぶたもリキッドアイライナーで囲み目メイクにする。

 

2. アイホールは濃いめのブラウンを塗る。

まぶたの真ん中にハイライトとして明るいシルバーや、ゴールドを塗る。

グリッタかパールのアイシャドウをハイライトにしてもOKです。    

 

3. つけまつげをつける。

マスカラを塗った自まつ毛となじませる。

 

参考記事

・タヒチアンダンスのメイクのポイント、アイメイク編

・フラダンスの時のアイメイクのポイントはどうすればいい?

 

スポンサーリンク



 

タヒチアン、フラのメイクのポイント チーク&ハイライト

チークの位置に注目です。

頬骨の下にブラウン、頬骨の上にハイライトの白です。

鼻筋にもハイライトを入れて、彫りを深くします。

 

タヒチアンダンス、フラのメイクのポイント 【ベースメイク編】

 

ポイント3. アイブロー

アイブローも上の写真が良いので参考にします。

*眉頭をしっかり決める。

*眉山を決める。

*なだらかに最後の眉の終わりを力を抜いて書く。

 

 

ポイント4 リップ

 

赤リップ、またはブラウン系をリップペンシルで縁取りしたあと、

唇を塗りつぶします。

唇の真ん中にハイライト効果として、グロスでツヤを出します。

 

タヒチアンダンス、フラダンスののメイクのポイント【リップ、チーク編  】

 

【まとめ記事】タヒチアンダンス、フラダンスのメイク 総集編

 

まとめ

*タヒチアン、フラのメイクはメリハリです。

*半径5メートル以内ではびっくりするぐらい濃くメイクする。

*特に、アイメイクはがっつり、濃くメイクする。囲み目メイクにする。

*顔のベースメイクはリキッド+パウダーでしっかり目にする。

*ハイライト、シェイディング、チークもしっかり入れる。

*リップはマット赤+グロスでセクシーに。

 

関連記事

→フラダンサー、タヒチアンダンサーが舞台で自然な笑顔になる方法は?

→ダンサーにオススメの脱毛サロンはどこ?

 

スポンサーリンク



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA