タヒチアンダンス、フラのメイクのポイント【リップ、チーク編】


タヒチアンダンス、フラのメイクでベースメイク、アイメイクに続いて、最後にポイントになるのがリップとチークです。

今までにベージュや、いろいろな赤リップを使ってみたのですが、カラー診断を受けてからは自分に似合う赤を選べるようになりました。

 

ほんのすこしの自分のベースカラーの違いで似合うカラーが違ってきます。

特にリップの違いは綺麗に見えるかどうかが大きく変わってきます。

イエローベースの肌ならオレンジ系の赤、ブルーベースの肌ならローズ系の赤が基本原則ですので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク



最初に、肌のカラー診断とは? 簡単な説明

パーソナルカラーとは生まれ持った肌・瞳の色によって決まる、あなたにとって似合う色のことです。
「Spring~春」「Summer~夏」「Autumn~秋」「Winter~冬」の4つの季節のグループに分けることができます。
ここではざっくり、春、秋を暖色系が似合うイエローベース、夏、冬を寒色系が似合うブルーベースと分けて紹介しています。

詳しく知りたい方は勉強してみると衣装や、メイクなどいろんなことに活かせますよ。


タヒチアンダンス、フラの基本は赤リップ

 

今までに使ってきた赤リップでオススメのものです。

基本、私はステージコスメはプチプラ派です、

理由は、

 

・ショーの当日は慌てているのでメイク用品を無くす可能性があるので、あまり高いものでない方が良い。

・あ、〇〇が足りない!と思った時もすぐに買い足せる。ドラッグストアでも売っているようなブランドが良い

 

という理由からです。

 

 

タヒチアンダンス、フラダンスのステージメイクで目指すイメージ

2分ほどの短い動画なので是非みてみてください。

短い動画の中にタヒチアンダンス、フラダンスのメイクのポイントが詰まっています。

赤リップも輪郭がはっきりしていて、艶があり上品で理想のリップラインです。

 

アイラインの太さ、ハイライトを入れる分量なども参考になります。

 

 

 

スポンサーリンク


タヒチアンダンス、フラのステージメイクに使う

オススメ赤リップ1. レブロン 

 

 

このレブロンのリップの良いところは発色の良さと、持ちの良さです。

リキッドなのですが、つけるとマットなテクスチャーに変わります。

つけた途端に密着するので本当に落ちません。

 

マットな感じがおしゃれですが、ステージ上では透明なリップグロスを中央に乗せてツヤを出し、ハイライト効果を出した方がいいです。

唇に立体感が出ます。すこし黄色味が買った赤なのでイエローベースの肌の方にオススメです。

 

普段使いしてもおしゃれな感じになります。

 

タヒチアンダンス、フラのステージメイクに使う

オススメの赤リップ2. ちふれ

 

ちふれはすごくプチプラで近所のマックスバリューに中でも売っているので、「明日ショーだけど買いに行く時間がない!」というときにも重宝します。

ドラックストアなど取り扱いしている店が本当に多いです。

ちふれのこの赤色は深みのあるクラシカルレッドです。高級感がある色です。

深みのある色なので。上のレブロンより重厚感があります。

 

黒や、赤のオテアの衣装に合うと思います。

大人の女性の方が似合うのでアラフォー以上の方にオススメです。

アイメイクもしっかり作り込んでください。

リップの持ちは普通なので一回目を塗ってティッシュオフをするとして、唇の真ん中に透明のグロスを塗ると良いです。

ちふれの口紅はケースと中身が別売りなのでケースも買ってくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ちふれ化粧品 口紅(詰替用) 深みのあるクラシカルなレッド 553
価格:324円(税込、送料別) (2018/6/9時点)

 

タヒチアンダンス、フラのステージメイクに使う

オススメの赤リップ3. M.A.C

 

M.A.Cのリップもしっかり発色するのでステージメイクにオススメです。

ほぼみたままの色が出ます。

下で紹介するのはオレンジレッドです。正統派赤よりも軽くおしゃれに仕上がります。

カラー診断でイエローベースの方にオススメです。

ブルーベースの方はオレンジ系より、ローズ系が似合います。

 

 

イエローベースさん向けオレンジレッド。

ブルーベースさん向け正統派レッドです。

 

関連記事

→MACの赤リップで、アラフォーにオススメのリップはどれ?

 

 

タヒチアンダンス、フラのステージメイクに使う

オススメチーク インテグレート

私は普段ミネラルチーク派で、普段のチークをステージメイクの時も使っています。

チーク、アイライン、軽めの赤リップは普段と兼用ですが、ファンデやベースは作りこむので普段用と、ステージ用は別にしています。

 

前はベージュのチークを使っていたのですが、あまり色味が感じられなかったので、普段のレッド系を使うようになりました。

イエローベースの方はオレンジチークが似合いますが、ブルーベースの方はレッド系が似合います。

ぽんぽんチークは急いでいる時も使いやすいのでオススメです。

頬骨の高いところの下にポンポンと色を置いていきます。

写真のチークの位置を参考にしてやってみてくださいね。

 

イエローベースの方はオレンジを、ブルーベースの方はレッドを選んでください。

 

参考記事

・タヒチアンダンス、フラダンスのメイクのポイントは?【アイメイク編】

・タヒチアンダンス、フラダンスのメイクのポイントは?【ベースメイク編】

タヒチアン、フラの時のメイクのポイントは何?

ラの時のアイメイクはどのようにしたらいい?

・まとめ記事 タヒチアンダンス、フラのメイクのポイント

ダンサーにオススメの脱毛サロンはどこ?

 

 

スポンサーリンク



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA