タヒチアンダンス 基本ステップ アミ、ファアラプ


タヒチアンダンスの基本ステップ、ファアラプとアミの説明をします。

ファアラプというのは腰を高速で回す、タヒチアンダンスの代表的な動きです。

モレという自然素材のスカートやヒップベルトが高速で動き、

上手なダンサーは上半身がほとんど動かないので、本当に腰だけが早く動いているように見えて、

目が離せなくなります。

ファラアプを早く大きく回すためには、まずフラのステップのアミの動きが綺麗で、正確にできている必要があります。

アミの動きが正確でないと、ファアラプするときに肩が動いたり、足が開いたり回しにくかったりするからです。

 

スポンサーリンク



タヒチアンダンス 、フラの基礎ステップ、アミ

 

アミのポイント

  • 腰で滑らかな円を描くステップ
  • 上半身を動かさないように注意する
  • 左回りと、右回りのアミがある

 

 

 

Ami Hema(アミ 右回り)

1、基本姿勢で膝を軽く曲げてお腹とお尻を引っ込めます。
2、腰を正面から右後ろへ回す
3、そのままスムーズに後ろを通る
4、腰を左へ回して
5、1に戻る
Ami Akau( アミ 左回り)
1、基本姿勢
2、腰を正面から左後ろへ回す
3、そのままスムーズに後ろを通る
4、腰を右へと回して、
5、1の位置に戻す
タヒチアンダンス 、フラダンスの基本の姿勢はこちらの記事で再確認してください

スポンサーリンク



タヒチアンダンス 基本ステップ ファアラプ

ファアラプのポイント

  • かかとに重心を置く
  • 腰の力を抜き、ふくらはぎと膝で腰を回す
  • 左回り、右回りの自分の得意な方だけ回せれば良い
  • 右回りの人は腰が左前、左回りの人は腰が右前の時にスナップを効かせる。

 

ファアラプ(左回り)

 

1、左横からスタート、膝を使って腰を左に持っていく

 

2、腰で円を描きながら、左ひざを伸ばすとともに腰を後ろへスナップ

 

3、右ひざを伸ばしながら、腰を右後ろへスナップ

 

4、右ひざを曲げながら、腰を右前に出して1に戻る。

 

 

ファアラプ(右回り)

 

1、右横からスタート、膝を使って腰を右に持っていく

 

2、腰で円を描きながら、右ひざを伸ばすとともに腰を後ろへスナップ

 

3、左ひざを伸ばしながら、腰を左後ろへスナップ

 

4、左ひざを曲げながら、腰を左前に出して1に戻る。

 

 

※ファアラプは右回りか左回りのどちらか得意な方だけできればOKです。

やってみたらわかると思いますが、苦手な方は早いスピードでは思うように回りません。

余談ですが、現地には左回りのファアラプの人が多く、日本人には見入周りが多いそうです。

北半球と南半球で渦の回転が反対なことと関係があるのでは、と言われています。

 

 

まとめ

・アミを確実に回す練習をすることでファアラプも綺麗に回せるようになる。

・ファアラプは左右どちらかを回せれば良い。

・基本姿勢はいつも大事

・膝をうまく使う

 

ファアラプはできるようになるまでに時間がかかるかもしれませんが

頑張りましょう!

 

関連記事

→タヒチアンダンス 基礎ステップ タイリタマウ

 

 

スポンサーリンク



 

石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA