フラダンスの腰の動かし方は?腰が動かない時はどうすればいい?


フラ初心者の方の悩みに「腰が止まってしまう」ということがあります。

頭で考えて、「手と足を別々に動かし、さらに腰を動かして」と指示を出すと腰が止まってしまう人が多いです。

これは小さい時からダンスを習っているというという人以外には至極当然のことで、

脳が「手と、足と、腰をべつべつに動かす」ということが無意識でできるようになるまでは腰を動かすのは難しいでしょう。

慣れるまでは練習が入りますが、必ずできるようになりますのでコツを掴み綺麗な腰の動きで踊れるようになりましょう。

 

スポンサーリンク


フラを踊るときに腰が動かない人の特徴

  • 膝を曲げていない
  • 膝を柔らかく使っていない
  • 頭で考えて踊ろうとしている
  • 腹筋、背筋があまりついていなので基本の姿勢が取れない
  • 腹斜筋(腹筋の横の脇腹の筋肉)がうまく使えていない
詳しく説明していきますね!

フラでは腰の動きは流れるように動かし続ける

フラでは曲を踊っている間、ステップからステップへつなぐときも、常に腰をうごかしているように気をつけます。
腰が止まっている時は、下半身が完全に止まっている時だけです。
踊っている間の体に流れるエネルギーが止まらないように気をつけます。

フラで腰を動かすコツ1、重心移動ができるようになる

フラが滑らかに踊れるようになる時の大事なポイントは重心移動です。
腰の動きは膝の動きと密接な関係にあるので、膝を柔らかく使えるようになると、腰の動きも自然に滑らかに動くようになります。
フラの基本姿勢は膝を軽く曲げます(アイハアと言う、上の写真参照)
この膝の曲げによって、曲げた部分が遊びになり腰がその分動きます。
ですので、腰を動かすためにはこのアイハアの姿勢をとることが大前提です。
この基本の姿勢をキープできようになると、体も上下しないようになり、腰も動くようになりますので、
まずはこのアイハアの姿勢を取れるようになることが大事です。
参考記事



足首を使って腰をプッシュする

 

基本姿勢ができるようになったら、膝と腰をスムーズに動かせるように基本ステップ、カオの練習します。

アイハアの基本姿勢で腰の重心を落とし、腰で8の字を描くようにします。

重心を移動させながら足を踏み込み、そのときにしっかりと腰を横に押し出すようにします。

そのときに前傾姿勢にならないように上半身をまっすぐに立てるようにすることに気をつけましょう。

 

カオが上手にできるようになれば重心移動のコツがつかめたことになります。

そして、アイハアの姿勢で重心移動ができると自然に腰がついてくることになります。

 

注意することはいつも重心をかけている足と、腰のある方の位置は反対にある、と言うことです。

この足と腰の動きのズレがフラの優雅な動きになります。

 

時々、重心のある足と腰が同じ人がいますが、そうなってから直すのは大変です。

早めに基本のステップ、カオを練習して足と腰の重心移動を覚えましょう。

 

関連記事

→フラの動きのポイントはカオ、初心者の上達のポイントは?

 

 

腹斜筋、腹直筋、背筋、の柔軟性を高める

基本姿勢アイハアが全ての動きの基本になる、と言うのは何回も書いているのですが、

そのアイハアをキープするのがインナーマッスル(深層筋)と呼ばれる筋肉です。

 

腹筋、背筋、腹斜筋、骨盤底筋、と太ももの筋肉で中腰のアイハアの姿勢を支えています。

これらの筋肉が弱いとアイハアの姿勢を長時間キープすることが難しく、そうすると十分に腰を動かせず

安定感のないフラになってしまいます。

インナーマッスルは全てのダンスや、スポーツの基本です。

心がけて毎日鍛えるようにしましょう。

 

関連記事

→タヒチアンダンス、フラダンスが上達するためにはやっぱりインナーマッスル

 

 

頭で考えて踊ろうとする

普通に柔軟性、筋力に問題のない人でも、

手、足、腰を同時に動かそうとすると最初のうちはうまくできません。

 

考えすぎるとかえってできなくなるので頭で踊ろうとせず、

音を聞いて、音に集中して踊るようにしましょう。

まとめ

・頭で考えずに踊る
・膝を柔らかく使う
・カオの練習をする
・アイハアの練習をする。
・インナーマッスルを筋トレで鍛える
素敵なフラを踊れるように頑張りましょう!



石川県出身

28歳の時にフラ、タヒチアンダンスを始める。
2006年 タヒチアンダンス全国大会「HEIVA I TOKYO」参加、オテア団体部門優勝
2008年 独立 『PUAMANA Tahitian dannce &Hula dance scool」
発足

2011年 宮崎県綾町に 移住

プライベートでは19歳から6歳の3男2女の母

12年間で妊娠、出産、育児を繰り返しながら、タヒチアンダンスで
体型を元に戻しました。
現在は、ダンスに、筋トレ、ストレッチを取り入れながら
健康的で魅力的なボディを作る活動をしています。


コメントを残す

CAPTCHA